専門学校 ビジョナリーアーツ
専門学校東京都
専門学校 ビジョナリーアーツ

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町23-18

パンフ追加

気になるリストに追加

専門学校 ビジョナリーアーツの資料をすぐにもらう

学生の声

専門学校 ビジョナリーアーツ

山口 詩織 評判・口コミ

山口 詩織

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

専門学校 ビジョナリーアーツ ペット学科 ドッグトレーナー専攻

災害救助犬の必要性を大震災を通じて知る。

災害救助犬の訓練に熱中しています。災害救助犬とは、災害時にガレキの下に埋もれた生存者をニオイで探す犬のこと。
東日本大震災でも大活躍しました。高校生のときの体験入学で災害救助犬の存在を知り、その必要性を熱心に話してくれた先生に憧れて、ビジョナリーアーツへ入学。そして1年の夏、学校でやってきた訓練の実践として、箱根合宿に参加しました。
トレーニングメニューの第1段階は「捜索(かくれんぼ)」。犬が「鬼」役になって、森や岩陰にかくれた私たちを「ニオイ」で探す。上手に探せたらご褒美。これを繰り返すと犬がどんどん自信をつけていくんです。第2段階は「服従(人にずっとついて歩く)」トレーニング。そして「遠隔(前へ、右へ、左へという命令どおりに動く)」トレーニングです。大自然の中で犬と触れあい、私たちの距離が縮まっていく。人との信頼関係が深まっていくことを、犬も楽しんでいるみたい。
日本では災害救助犬が圧倒的に足りないという差し迫った背景から、ビジョナリーアーツで独自に災害救助犬の育成プロジェクトをスタートさせました。今トレーニングしているのは、ソイくん(ゴールデンレトリバー 7ヶ月)。いつもの「しつけ」に加えて、水曜日の放課後が定期訓練日。立派な災害救助犬に育てていきます!

専門学校 ビジョナリーアーツの学生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop