成田つくば航空専門学校

成田つくば航空専門学校

専門学校茨城県

パンフ追加

気になるリストに追加

成田つくば航空専門学校の資料をすぐにもらう

N-TACのアピールポイントは以下の5つ。どれもN-TACならではのポイントです!!
------------------------------------------------------------------
ポイント1 航空分野の総合学園
航空機整備/製造、航空電波/電気、グランドハンドリング、エアラインサービスを網羅した4学科構成。すべての学科が同じキャンパス内で行われているため、他職種とのつながりが分かるようになります。他職種との連携は航空機の定時制と安全性を作り出す重要な要素であり、必ず現場で生かされます。

ポイント2 実践に即した学習環境
航空機格納庫とエプロンには大型機に通じる装備が詰まった「シャイアン」や小型機業界のベストセラー「セスナ152 / 172」などの実習機、ハイリフトローダーを始めとした空港特殊車両を配備し、校舎にはチェックインカウンターや旅客機客室の実習スペース等を備えています。広い敷地を持つN-TACには現場で生きる技術を身に着ける環境が整っています。

ポイント3 経験と指導力に秀でた教官たち
航空機に携わる現場で長年にわたって航空の安全を守り続けてきた技術と経験に加えて本当に大切なことを確実に伝えるために努力を惜しまない教官たちの授業は分かりやすく記憶に残るものばかりです。

ポイント4 学びと衆力に有利な立地
2つの国際空港(羽田・成田)と、JAXA(日本宇宙航空研究開発機構)がある筑波研究学園都市の真ん中に位置し、航空関連企業や研究開発機関と連携した研修、大空港で活躍する企業へのインターンシップなど学びと就職に有利な立地です。

ポイント5 将来を見据えた就職指導
N-TACの歴史と教官たちが持つ業界からの信頼とネットワークにより多くの企業から求人を得ています。そして生徒一人ひとりの性格や得意分野に合った企業の紹介や希望する企業・機関に合わせた手厚い就職指導によりやりがいと将来性のある企業への就職を実現させます。

ごあいさつ

航空分野は、長期に渡って成長していく産業として注目を集めています。
旅客機を利用する人は今後20年で何倍にも増え、それに伴い航空機の数も増えていきます。そんな航空業界ですから、航空機の運航を支える人材を多く必要としています。
とはいえ、誰でも航空機の運航に携われるわけではありません。この「空を飛ぶ」特別な乗り物に携わるにはそれ相応の知識や技術が求められるのです。
航空業界の常識にして不変の目的である、「安全性」「定時制」「快適性」。
N-TACはこの3つの目的に向き合って航空の将来を担う人材を育成していきます。

2016年11月9日
N-TAC体験入学

在校生の多くが「入学の決め手」と応える“体験入学”
空港を連想させる学習環境、最先端の実習設備、経験豊かな教官による体験授業、おいしいランチなど、実際に見て、触って、感じるチャンスです。
【開催日】
2016年11月13(日)/20(日)
2016年12月18(日)
2017年1月22(日)
2017年2月19(日)
2017年3月5(日)/26(日)
【時間】10:30~14:00(10:00受付開始)
【送迎バス】天王台(北口)10:10発
【内容】
・N-TACの特徴説明
・学習環境案内
・施設、設備見学
・希望学科の特徴説明
・学食体験
・希望学科別体験実習

詳しく見る...



更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop