成田つくば航空専門学校
専門学校茨城県
成田つくば航空専門学校

〒302-0004 茨城県取手市取手西野 1842

パンフ追加

気になるリストに追加

成田つくば航空専門学校の資料をすぐにもらう

学部・学科・コース

成田つくば航空専門学校

航空整備学科

航空整備学科

80名(航空整備学科の総数)

■ 航空整備士コース (3年制 30名)
 シャイアン(双発ターボプロップ機)で二等航空運航整備士資格の取得を目指すコースです。(国土交通大臣指定 航空従事者養成施設テストコース申請予定)

■ 航空機整備訓練コース (3年制 30名)
 国土交通大臣指定航空機整備訓練課程で1年の整備経験を取得します。2年次以降の実習はもちろんシャイアンです。

■ 航空機製造コース (2年制 20名)
 1年次は航空機整備訓練コースと共通のカリキュラムで航空機の基礎を学び、2年次で製造の知識を身に着けます。

シャイアンの発動機試運転実習の風景。このクラス機体の試運転が余裕で行える実習環境は大きな魅力の一つです。

ここがポイント

航空整備学科

大型機に通じるシステムが多いと言われる「シャイアン」。N-TACなら大型機の整備士を見据えた実習が可能なのです。
大型機と共通のシステムの一部を紹介します。

● 双発タービンエンジン
 レシプロエンジンに比べ高高度飛行に適したタービンエンジンは、大型旅客機に多く装備されています。このタービンエンジンを学べるだけでなく、複数のエンジンを装備している機体特有のシステムも学ぶことが出来ます。

● 機内与圧システム
 速く遠くまで低燃費で移動するためには高高度を飛行する必要があります。高高度飛行でも機内環境を人体に悪影響なく快適にするため、機内の気圧を地上に使い状態に保つシステムです。

● 防除氷システム
 長距離を高高度で飛行するということはある程度の悪天候の中を飛行することを想定しなければなりません。翼の前縁やプロペラなど氷が付着すると危険な部位は氷を除去するシステムが装備されています。


● 引き込み脚
 速く遠くまで低燃費で飛行するため、飛行中使用しない脚は主翼 / 胴体内に格納して空気抵抗を減らします。

専門学校に居ながらにして大型機の基礎をここまで学ぶことが出来るのは、大きなメリットです!!

学費について

1,250,000

学部・学科・コース・専攻

航空整備士コース

航空機整備訓練コース

航空機製造コース

成田つくば航空専門学校の学部-学科-専攻一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop