文化服装学院
専門学校東京都
文化服装学院

〒151-8522 東京都渋谷区代々木3-22-1

パンフ追加

気になるリストに追加

文化服装学院の資料をすぐにもらう

卒業生の声

文化服装学院

広田 理恵 評判・口コミ

広田 理恵

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

文化服装学院 ファッション高度専門士科
2007年
アクセサリーデザイナー
ROTARI PARKER

アート性は高くてもデイリー仕様に

クッキーやキャンディー、スナックなど、お菓子を樹脂で固めたアクセサリーを展開しているROTARI PARKER(ロタリパーカー)。3年前にブランドを設立した当初から、広田さんは「日常で身につけられるアクセサリー」を目指して制作を続けてきた。学生時代「アートとファッションの関係性」に興味を持ち、卒業後はアートとファッションの境界線を探るためにアートギャラリーが運営するサロンに勤務。ギャラリー併設のサロンで行われるイベントの企画や運営、グッズ制作などの幅広い業務に携わるうち、非日常的なものではなく、生活の一部になるようなものを作りたいと思うようになったそうだ。「ギャラリーで展示する作品は大振りなものを作りますが、商品にするときは小さいパーツに分解するなど、デイリーに使える形に落とし込むようにしています」

趣味のアクセサリー作りが仕事に

アートギャラリーのサロンに勤務しながら、仕事の合間にアクセサリーを作り楽しんでいた広田さん。あくまでも趣味の範囲内だったが、身につけていたお菓子のアクセサリーが知り合いのキューレーターの目に留まり、別のギャラリーのショップで販売されることに。既にアートギャラリーを辞めることが決まっていたこともあり、ROTARI PARKERを立ち上げた広田さんの元には、ショップで作品を目にした人たちから徐々に制作依頼が舞い込むようになった。そして大きな転機となったのは、2010年秋に開催されたルミネ新宿店の催事「ルミネ・ミーツ・アート」への参加。多くの人がROTARI PARKERに興味を示し、後日ブランド単独の催事が行われたり、雑誌で紹介される機会が増えたりと可能性が広がっていった。

お菓子を樹脂で固め始めた理由とは?

広田さんがアクセサリー作りにはじめて触れたのは、アパレルデザイン科の授業。樹脂を使ったアクセサリーを制作した。そのときお菓子は使わなかったが、あるとき手元にあったクッキーを、樹脂で固めてみようと思い立つ。「以前、仲のいい友達からもらった手作りクッキーをずっと残しておきたい、お守りのように身につけたいと思ったのを思い出したんです」これをきっかけに、しけったり、食べきれなかったりしたお菓子を樹脂で固めてアクセサリーにするのが広田さんの趣味になっていった。「もともとはアパレルデザイン科でしたし、学生のときに作っていたのは洋服で、まさかアクセサリー作りが

いかに生産性を上げるかが今後の課題

あれもこれもと欲張らず、無理のない範囲で物作りを行ってきたという広田さん。クリエーションとブランド運営の明確な線引きはしておらず、売ることだけを目的とした物作りはしたくないという。「アクセサリー作りは自分がやっていて楽しいことであり、また資金的にも無理のない範囲でやっているので続けてこられたのかなと思います。ただし制作に時間と手間がかかるところは、解決していきたいですね」お菓子の種類にもよるが、樹脂を塗って乾かす……の作業を何度も繰り返すため、ひとつのアクセサリーにつき1~2週の制作期間がかかる。今はすべての作業をひとりで行っており、強度のことを考えると工程を減らすわけにはいかないため、今後は単純作業の部分を人に任せるなどして生産性を上げていきたいそうだ。

人との出会いを大切にしていきたい

広田さんの活動を支えているもののひとつが、さまざまな人とのつながり。学生時代から学内だけでなく、ギャラリスト(美術商)やフリーペーパーの編集者など外部の人たちとも積極的に交流しネットワークを築いてきた。だが意外なことに、ブランドの営業活動は一度もしたことがないという。「ひとつひとつの出会いと向き合い必死に作品を作ってきたら、認めてくれる方がいたという感じです。営業をしないのは、単純に得意ではないからです(笑)」これまでは不定期に新作を発表してきたが、今後はシーズンごとにテーマを決めてコレクション展開していく予定だ。「シーズンごとに、ストーリーを考えて作品を作っていきたい。そして、ゆくゆくはアクセサリーとリンクさせた洋服のコレクションも作りたいです」

【参照元】文化服装学院HP Next

文化服装学院の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop