文化服装学院
専門学校東京都
文化服装学院

〒151-8522 東京都渋谷区代々木3-22-1

パンフ追加

気になるリストに追加

文化服装学院の資料をすぐにもらう

卒業生の声

文化服装学院

花里 裕 評判・口コミ

花里 裕

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

文化服装学院 服飾専攻科技術専攻
2005年
グレーダー
(株)イスト

大学に通いながらファッションへの道を選択

オフィスから飲食店、パーラー、アミューズメントパークまで様々な職業のユニフォームウェアを展開しているイスト。そこでグレーダーとして勤務している花里さんは、大学に通いながら二部服装科に通っていた。そこで3年間学んだ後に技術専攻科へ編入したという経緯だ。「地元が上野ということもあって服に興味はあったんですけど、高校が付属だったのでそのまま大学へ進学したんです。大学では考古学を専攻していたけれど仕事にはできないと思い、大学2年の時に文化の二部に入学しました」。そして技術専攻科を卒業後はオンワード樫山に入社。そこからグレーダーとしての職務をスタートし、オンワードで4年勤めた後に現在のイストへ転職した。

幅広いサイズ展開をするユニフォームウェア

パタンナーの作ったパターンをサイズ展開していくのがグレーダーの仕事だが、もともとはパタンナー志望だったという花里さん。「でも今ではグレーダーの方が向いていると感じます。自分には合っていると思いますね。CADを使って仕事をするのが好きなので」。オンワードでは一般衣料として多くのブランドのグレーディングを手掛けていたが、ユニフォームウェアとなるとサイズ展開の幅に違いがあるようだ。サイズ展開が多くはない一般衣料に比べ、ユニフォームは5号から23号まで10サイズの展開をするという。「仕事量はそんなに変わっていないと感じますが、やる範囲は広くなったと思いますね。10サイズあってもそれに合わない人のための特寸という対応もするので」

サイズが大きくなるほどバランスが大事に

一般衣料と同様に1年に春夏・秋冬の2シーズンに分けて新作が発表されるユニフォームウェア。しかし一般衣料に比べてデザインものが少なく、実用性や着心地が重視されるため素材も多くは選べない。そんな中でもトレンド要素が取り入れられることもあり、シルエットやスカート丈などは年々変化しているようだ。グレーディングにおいてはバランスが重要になるという。「10サイズも展開するとなると、大きければ大きいほど形が崩れやすくなります。ただ単に同率で拡大するのではなく、9号のバランスを大きいサイズの人にどれだけ同じバランスで着てもらえるか。いかに崩さないで着てもらえるか。そういったことを視野に入れてピッチを考えています」

今後の3D CADの開発に期待

仕事上では学生時代に学んだ基礎知識が役に立っているという。グレーディングの詳しい知識や技術については、就職してから身に付けていったようだ。現在社内でグレーダーを務めているのは花里さん1人しかいないという。1人ですべてのグレーディングを手掛けるのは大変なようだが、様々な企業のパタンナーが集まるセミナーなど、外部の勉強会に出向く機会があるとのこと。「最近3D CADが開発されてきていて、それを追っているんです。ソフトの発表会を聞きに行ったりしています。まだ実践的ではないけれど今後広がっていくと思います。3D CADができたらユニフォーム業界にとっては嬉しい進化ですね。いろんな体型の人が着られるようになるのでかなり役に立つと思います」

パターンの知識があるグレーダーでありたい

学生時代は学友会に所属し、3年次には委員長も務めていた花里さん。「違うクラスの人たちと繋がりを持てたのがよかったですね。特に夜間(二部服装科)には違う学年の人たちもいるし、いろいろな人たちと関われて楽しかったです」。卒業後も学生時代の友人たちと交流があるそうで、そういった繋がりも魅力のようだ。「ずっとグレーダーを続けるのは厳しいと思うので、もっと範囲を広げていきたいですね。もともとは文化のCADの先生になりたかったんですが、一度企業での仕事を経験してからなろうと思っていたので。パターンありきのグレーダーなので、パターンの知識があるグレーダーでありたいですね。だからもっとパターンのことを知っていきたいと思っています」

【参照元】文化服装学院HP Next

文化服装学院の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop