文化服装学院
専門学校東京都
文化服装学院

〒151-8522 東京都渋谷区代々木3-22-1

パンフ追加

気になるリストに追加

文化服装学院の資料をすぐにもらう

卒業生の声

文化服装学院

黒澤 充 評判・口コミ

黒澤 充

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

文化服装学院 スタイリスト科
2000年
スタイリスト

文化服装学院進学のきっかけは、スケートボード

雑誌、広告をはじめ、ミュージシャンや俳優など、様々な分野のスタイリングを手掛けている黒澤 充さん。さぞや子どものころからファッションが大好きだったのだろうと思いきや「趣味は中学生のころからはじめたスケートボード。高校卒業後の進路を考えていたころ、大好きなスケートボードと繋がりのある分野に進みたいと思って。スケートボードもファッションもひっくるめた“カルチャー”を学んでみたいと思ったのがきっかけです。でも、ファッションの知識は、母とよく見ていたテレビのファッション情報番組からぐらいで。スタイリスト科を選んだのも、一番言葉の響きがよかったから(笑) 当時は、ブランド名もほとんど知りませんでしたね」

実践で身につけたスタイリストの仕事

文化時代はしょちゅう授業をさぼっていた(!)という黒澤さんですが、卒業してから、あらためて「スタイリストって何だろう」と考えるようになったとか。「卒業後、スタイリストの望月 唯さんのアシスタントに就いて、はじめて仕事の現場を見ました。当時、マガジンハウスから発行していたカルチャー誌が好きで、その雑誌のスタイリングを担当していたのが望月さんだったんです。アシスタントになってからは、撮影用の洋服や小物をプレスルームから借りるためのアポ入れや、靴の底張りなど、授業では経験していない仕事ばかりで……。一つ一つの仕事をこなすのに必死でした。スタイリストの仕事は、人との繋がりも大切な世界なので、コミュニケーションの必要性も感じましたね」

仕事を認めてもらえて、師匠と同じ事務所に

アシスタントから独立し、フリーの仕事をスタートさせたのは2006年のこと。「フリーで仕事をしながらも、アシスタント時代に出入りしていた事務所『eight peace』にまた入りたいと思っていました。スタイリストとして事務所の一員になることを一つの目標にしていましたね」。2009年には努力が実り、師匠である望月さんをはじめ、スタイリスト、カメラマン、ヘアメイクアップアーティストなどが籍をおく『eight peace』に所属。また、独立してからは、黒澤さんがアシスタントを育てる立場にも。「スタイリストのアシスタントはまじめな人が一番。ファッションの知識はあるに越したことはないけれど、まずコミュニケーションがとれることが大切。やる気さえあれば、センスは磨かれてくるものです」

気分転換は、多肉植物の育成!?

この「Next!」の取材で黒澤さんにお話をうかがったのは午後10時すぎ。そんな、寝る間もなくハードな毎日を送っている黒澤さんに休日の過ごし方を聞いたところ、意外な回答が。「今のマイブームは多肉植物なんです。スタイリングに使ったのがきっかけですが、一つの仕事が終わるごとに1鉢買っていたら、コレクションのように増えていって、今では約60鉢に。同じ多肉植物でもいろんな種類があるので興味が尽きません。千葉の生産者のところまでドライブを楽しみながら出かけて、育て方などの話をしながら過ごし、ご飯を食べて帰ってくる……これが楽しみであり、日々の気分転換になっています。植物でも、音楽でも、いろんなジャンルの話ができる人との出会いは、いい刺激になります」

ファッションエディターとしての力をつけたい

スタイリストの仕事は、コーディネートのセンスだけでなく、誌面構成やストーリー作りの独創性も問われるところ。左の写真は、黒澤さんのラフコンテで、バッグの中には、iPhoneやスケジュール帳などと一緒に、ラフコンテや企画書、リサーチした洋服の写真などを貼ったノートなどがきれいに整理されて入っている。「同じスタイリストの仕事でもジャンルや媒体によってそれぞれの楽しみがありますが、今、やっていて一番楽しいのが雑誌の仕事。編集者、カメラマン、ヘアメイクアップアーティスト、モデルなど、スタッフと息を合わせて一つのストーリーを作り上げる達成感が魅力ですね。最近では、レディースのスタイリングも多くなってきました。これからは、エディター的な能力をもっと身につけられるようにしたい。そのために常にラフコンテを描いています」

【参照元】文化服装学院HP Next

文化服装学院の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop