文化服装学院
専門学校東京都
文化服装学院

〒151-8522 東京都渋谷区代々木3-22-1

パンフ追加

気になるリストに追加

文化服装学院の資料をすぐにもらう

学生の声

文化服装学院

小嶋 美咲 評判・口コミ

小嶋 美咲

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

文化服装学院 ファッション工科専門課程 アパレルデザイン科

あらゆるジャンルの服をつくる機会があるから、本当に自分が向いているものが見つかった。

最初はレディースのデザイナーになりたくて、就職活動ではレディース・ブランドを回っていました。なかなか選考が進まずに「自分に向いているのはどのジャンルだろう」と考えた時、課題でつくった子ども服が褒められたことを思い出したんです。デザイン的にも自由度が高い子ども服のデザイナーとして、まずは夢の第一歩を歩き出します。

どんな勉強をしているの?

デザインに特化した学科。自分を表現したいという思いから、個性的な人が多く、毎日たくさんの刺激を受けてすごすことができます。服をつくる課題では、年次が上がるごとに綿がウールになって、サテンになるなど、素材の扱いも徐々に難しくなります。3年間を通じて段階的に学べたことで、じっくり知識と技術を身につけられました。

文化を選んだ理由は?

好きなデザイナーのケイタマルヤマさんが文化出身でした。「装苑」を読んでいても、好きなデザイナーさんは文化のアパレルデザイン科卒の人が多く、憧れの学科でした。見学に来て感じたのは、他の学校よりも作業スペースが広いこと。学生数が多いので自分の世界も広げられるし、就職率もよかったので文化に決めました。

内定までの道のりは?

内定をいただいたナルミヤの採用試験では、自分のつくった服を着て行ったり、子ども服の話だけじゃなく、将来の夢の話をするなど、自分をさらけ出すことができました。個性をそのまま見てもらった結果、内定をいただくことができて、自信にもつながりました。

将来の目標を教えてください。

今はまだ、何度服をつくっても納得できるものができません。これからデザイナー職として就職しますが、いつかは海外に行ってコレクション系のアトリエでインターンをするなど、経験を広げながら自分のテイストを探っていきたいと考えています。最終的にはブランドを立ち上げることが目標です。

入学を考えている方へ一言。

デザイナーの勉強をして感じたのは、ひとつひとつの細かい部分が大切になるということです。入学したらひとつの授業、課題も無駄にせず、努力を続ければ必ず力が身につけられると思います。

文化服装学院の学生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop