文化服装学院
専門学校東京都
文化服装学院

〒151-8522 東京都渋谷区代々木3-22-1

パンフ追加

気になるリストに追加

文化服装学院の資料をすぐにもらう

学生の声

文化服装学院

春日部 祐香 評判・口コミ

春日部 祐香

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

文化服装学院 服飾専門課程 服装科

何度も失敗して、先生や友人に助けられながら服をつくり続けた。もがいた先には、新しい自分がいた。

服づくりの技術をしっかりと身につけることを親に約束して入学した文化服装学院の服装科。シャツ、ワンピース、ジャケットなど、あらゆるアイテムを何度も失敗して、先生や友達に質問しながらつくり続けました。忙しい毎日を乗り越えた先には、確かな技術と知識を身につけた自分がいました。

どんな勉強をしているの?

「デザイン論」や「素材論」など、服づくりの基礎を幅広く学ぶことができます。実際に服をつくる課題も多く、その経験を通じて自分にはパタンナーが向いていると気づくことができました。私は2年間で卒業しましたが、3年次に服飾専攻科へ進み、より特化した専門技術を学ぶこともできます。

文化を選んだ理由は?

中学生の時に読んでいた雑誌に載っていた人の多くが文化の学生でした。伝統があって多くのデザイナーを輩出していることもあり、自分にとって憧れの学校だったからです。

内定までの道のりは?

2年生の春に学校の就職展示会に出品。作品を見た企業の方に声をかけていただいたことがきっかけで、希望していた子ども服のパタンナー職に内定できました。2年次は就職を希望する人が集まるクラスに進んだので、決まった時は友達もいっしょに喜んでくれました。

将来の目標を教えてください。

自分がパターンを引いた子ども服が商品となって、お店に並ぶことです。着心地のいいデザインはもちろん、肌を荒れさせないよう素材にも気をつけて、お気に入りの一枚になるような服をつくりたい。それを着ている子どもを街で見かけたり、いつか自分の子どもに着せてあげられたらうれしいですね。

入学を考えている方へ一言。

文化は課題が多く、大変だと感じることもありますが、クラスメイトがいるから乗り越えられます。その先には、確かな技術と知識が身についているはずです。

文化服装学院の学生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop