文化服装学院
専門学校東京都
文化服装学院

〒151-8522 東京都渋谷区代々木3-22-1

パンフ追加

気になるリストに追加

文化服装学院の資料をすぐにもらう

学生の声

文化服装学院

杉田 絵梨 評判・口コミ

杉田 絵梨

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

文化服装学院 ファッション工芸専門課程 バッグデザイン科

革に包丁を入れる時やミシンをかける時の緊張感は、3年やっても変わらない。

小さい頃からビーズアクセサリーをつくるのが好きで、将来はものづくりに関わりたいと漠然と思ってきました。
文化では1年生の時に帽子、シューズ、ジュエリー、服飾など幅広く学びます。
色んなものづくりを体験してみてから自分の道を決められるのが私にはよかったです。

どんな勉強をしているの?

バッグデザイン科ではバッグのデザインから制作まで一貫して学びます。バッグマーチャンダイジングなどビジネスに関わる授業もあり、広い視野を持てるようになることが魅力です。少人数のクラスの中にはバッグへの熱い思いを持った社会人経験者や留学生もいるので、一緒に過ごすだけでたくさんの刺激があります。

文化を選んだ理由は?

文化のファッショングッズ基礎科は、1年生の時にバッグ、シューズ、ジュエリー、服など様々なものづくりを体験してから自分の専門を決めることができることが魅力でした。その時に習得した技術をバッグ制作に活かすこともできます。

内定までの道のりは?

学校に来ていた求人を見て応募しました。革にこだわったバッグづくりをされている会社でしたので何としても入りたいと思っていました。2社しか受験しませんでしたので、今思うと決まらなかったらどうするつもりだったんだろうと思いますが、無事に第一志望の会社に入ることができました。

将来の目標を教えてください。

私が任される仕事はバッグの修理です。修理はゼロからつくる工程とは異なり、新しく覚えないといけないこともたくさんありますが、すごく楽しみです。バッグをお預かりするということは、思い出をお預かりするということ。技術を磨き続けて一人前の職人になります。

入学を考えている方へ一言。

バッグデザイン科はクラスが10人前後と少人数でとても仲がよく、先生との距離も近いので充実した時間を過ごすことができます。ここで学べば自分の進む道がきっと見えてくると思います。

文化服装学院の学生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop