文化服装学院
専門学校東京都
文化服装学院

〒151-8522 東京都渋谷区代々木3-22-1

パンフ追加

気になるリストに追加

文化服装学院の資料をすぐにもらう

学生の声

文化服装学院

深澤 良宏 評判・口コミ

深澤 良宏

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

文化服装学院 ファッション工科専門課程 アパレルマーチャンダイジング科

服にこめられたつくり手の思いを胸に、マーケットを豊かにするビジネスを実現していく。

大学卒業後、両親の反対を押し切って進んだファッションの道。苦しい時ほど成長できるチャンスだと信じて、努力を続けた毎日が自分を成長させてくれました。夢に対する強い気持ちや、2万人の観客を動員するショーを見せることで、今では両親が一番の理解者となってくれました。この先も知識と技術を高めるための挑戦と努力を続け、ファッションを通じて、人の心を豊かにすることが夢です。

どんな勉強をしているの?

服をつくるだけでなく、それをビジネスとして商品化していくための力を身につけられます。講師も現場で活躍している方ばかりで、MD、生産管理、素材に関して各分野のプロフェッショナルから学べました。どの先生も、この業界ではコミュニケーション能力が大切だとおっしゃっていたことが印象に残っています。

文化を選んだ理由は?

ファッション業界でビジネスを行うには、人とのつながりが重要だと思っていました。文化には学生や先生の人数が多く、ファッション関係者ならだれでも知っている知名度があることに魅力を感じたんです。また図書館やCAD、生産管理実習室を見た時に、ここまで設備が整っている学校は他にないと思いました。

内定までの道のりは?

内定先は、業界3位の大手企業。マーチャンダイジングをやるからには、大きな企業に入りたかったんです。デザイナーさんなら誰もが憧れる企業からも内定をいただきましたが、クリエイティブマインドよりビジネスマインドが強い企業の方が、マーチャンダイザーとしては活躍できると考えました。

将来の目標を教えてください。

日本人には独自の技術やサービス力、感性があります。それをビジネスにつなげていくことで、もっと日本のマーケットを豊かにしたい。どこの店に行っても同じような商品が並び、価格競争になっている今のファッション業界の閉塞感を突破するには、新しいものを生み出すパワーを持ったクリエイターを育てることも絶対条件だと思っています。

入学を考えている方へ一言。

ファッションには、人の心を豊かにする力があります。ともにファッション業界を盛り上げていきましょう。

文化服装学院の学生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop