文化服装学院
専門学校東京都
文化服装学院

〒151-8522 東京都渋谷区代々木3-22-1

パンフ追加

気になるリストに追加

文化服装学院の資料をすぐにもらう

学生の声

文化服装学院

石井 美紗子 評判・口コミ

石井 美紗子

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

文化服装学院 ファッション工芸専門課程 帽子・ジュエリーデザイン科

素材もアイテムも、自由に挑戦できる。表現の可能性をとことん追求できた3年間。

帽子・ジュエリーデザイン科の課題は、素材もアイテムも自由で、表現の幅が広いことが魅力。本当に自分がつくりたいものを追求しながら、さまざまな知識と技術を身につけることができました。内定先もファッショングッズを幅広くデザインできる会社。表現の可能性を、これからも追求し続けていきます。

どんな勉強をしているの?

1年次はファッショングッズの基礎を学び、2年次から帽子・ジュエリーデザイン科に進みました。帽子を竹や木でつくるなど、素材も自由で洋服ではできないような表現ができることが楽しい。レザーなど素材が指定される課題では、アイテムはベルトでも帽子でも手袋でも、本当につくりたいものに挑戦できるのが楽しいです。

文化を選んだ理由は?

もともとアクセサリーをつくるのが好きで、高校生の時に文化のサマーセミナーでシルバーアクセサリーのコースに参加。バーナーを使うのもはじめてで、すごく楽しかったんです。校舎もきれいで、担当の先生の「絶対に後悔させない」の言葉にも背中を押され、入学を決意しました。

内定までの道のりは?

ファッショングッズのデザインをしたいと思っていました。内定先との出会いは、学校に来ていた求人を見た先生に薦められたこと。実際にお店を見に行ったら素敵なお店で、すぐに履歴書を送りました。面接では「あなたの作品と雰囲気が好き」と言って頂き、自信につながりました。

将来の目標を教えてください。

まずは内定先の企業で一人前のデザイナーになることです。将来的にはデザイン画を描くだけでなく、自分でつくった作品を売れるような作家さんになれたらいいなと思っています。商品化する時にはどうしても出てきてしまうコストなどの制約を気にせず、自分が描いたデザインを理想の形に仕上げることができたら幸せですね。

入学を考えている方へ一言。

文化祭のショーや課題など、つくったものが出来上がった時の感激は言い表せないほどです。同じ目標を持つ仲間とともに、充実した3年間がすごせますよ。

文化服装学院の学生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop