文化服装学院
専門学校東京都
文化服装学院

〒151-8522 東京都渋谷区代々木3-22-1

パンフ追加

気になるリストに追加

文化服装学院の資料をすぐにもらう

学生の声

文化服装学院

蜂谷 まりん 評判・口コミ

蜂谷 まりん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

文化服装学院 ファッション工科専門課程 ニットデザイン科

手編み、家庭機、工業機。それぞれの良さを知ることで表現の可能性が広がる。

洋服づくりをゼロからできるのがニットデザイン科の魅力です。何で編むか、どんな糸を使うか、どんな編地にするか。無限の組み合わせの中からひとつのものが生まれます。一目見た瞬間から「かわいい」と思ってもらえるものをつくり続けること。それが私の夢です。

どんな勉強をしているの?

ニットデザイン科は、ただ洋服をつくるだけではありません。糸や編地などのテキスタイルから考えてゼロからデザインする方法を学んでいきます。棒針編みやカギ針編みといった手編みから、織機を使った技術まで習得できるので表現の幅が広がり、自分のイメージに近い形の作品がつくれるようになります。

文化を選んだ理由は?

高校生の時に文化祭やショーを見て「すごい…」とすぐに入学を決めました。設備も充実していますし規模の大きな学校なので、たくさんの刺激の中で学べると思ったことがポイントでした。私、実は帽子・ジュエリーデザイン科を卒業しているんです。洋服デザインも学びたくなり、「それならこの学校が一番だ」と思い今に至っています。

内定までの道のりは?

内定をいただいている企業はもともと知っていたところで、学内の企業説明会で改めて出会いエントリーしました。実技試験もありましたが、3年間積み上げた努力がありますので余裕をもって臨むことができました。

将来の目標を教えてください。

将来は服だけにとどまらず、工芸科で学んだ帽子やジュエリーの勉強も活かしながら、たくさんの人からかわいい!と思ってもらえるものをつくっていきたいです。

入学を考えている方へ一言。

本気な人が集まっていて、本気になれる学校です。遊ぶ時は遊び、真剣にやる時はやる。生活にメリハリをつけて毎日コツコツ積み上げてぜひ夢を叶えてください。

文化服装学院の学生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop