日本デザイン福祉専門学校
専門学校東京都

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷5-7-3

パンフ追加

気になるリストに追加

日本デザイン福祉専門学校の資料をすぐにもらう
日本デザイン福祉専門学校の個別相談・個別見学に申込む
来校時に実施している[授業]を解説しながらご案内します
学生達の普段の姿を見ることが、入学後のイメージに繋がります
コンパクトな見学コースもあります

卒業生の声

日本デザイン福祉専門学校

志田 優子 さん 評判・口コミ

志田 優子 さん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

日本デザイン福祉専門学校 グラフィックデザイン学科
2008年卒業
株式会社ORSO

同じ志を持つ友達に出会えたことは、一番の財産です。

プロフィール

専門学校卒業後、デザイン事務所を経て2010年に携帯端末関連コンテンツの企画開発などを手掛ける株式会社ORSOに入社。スマートフォン向けサイトのデザイナーとして活躍中。

同じ志を持つ友達に出会えたことは、一番の財産です。

専門学校で同じ志を持つ友達に出会えたことは、一番の財産です。高校時代は好きな絵をひとり黙々と描いていることが多かったですね。でも、専門学校に入ると、がらりと環境が変わりました。たとえば、私が絵を描き出すと、次から次へとクラスメイトが集まってくるんです。そして、「ここはこうした方がいい」と絵を描き足してくれて、コラボが始まるんですよ。高校時代も友達は多かったんですが、“クリエイティブを楽しむこと”を理解してくれる友達はいませんでした。でも専門学校では言葉にしなくても、同じ思いを持つ友達がすぐにできたんです。「私の居場所はここだ」と思いました。

デザインの奥深さとアイディアが形になる喜びを実感。

現在はスマートフォンのサイトデザインを担当。ユーザーの使い勝手や画面が開いたときの第一印象などを考慮しながら、小さなサイズに多彩な要素を盛り込む奥深さを楽しんでいます。最近は企画にも携わるようになり仕事の幅が広がってきました。
チームのメンバーと意見をぶつけ合いながら、自分が提案した企画がブラッシュアップされていく過程に、この仕事ならではのやり甲斐を感じています。
学生時代に学んだデッサンが現在の仕事にも活きています。
デザイナーという職業に就いて5年になりますが、学生時代に学んだデッサンはいまの仕事でとても大事だと痛感しています。光の当たり方、影の出来方など、デッサンの基本が有ると無いとでは、作り出す作品のクオリティが全く異なってきます。これからデザイナーを目指す人はぜひ、デッサンを大事にして欲しいと思いますね。

日本デザイン福祉専門学校の卒業生の声一覧
日本デザイン福祉専門学校の個別相談・個別見学に申込む
来校時に実施している[授業]を解説しながらご案内します
学生達の普段の姿を見ることが、入学後のイメージに繋がります
コンパクトな見学コースもあります

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop