日本フラワーデザイン専門学校
専門学校東京都
日本フラワーデザイン専門学校

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場 1-24-22

パンフ追加

気になるリストに追加

日本フラワーデザイン専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

日本フラワーデザイン専門学校

岡安 あゆみさん 評判・口コミ

岡安 あゆみさん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

日本フラワーデザイン専門学校
2002年卒
ザ・ペニンシュラ東京(ユー花園)

ドイツに留学して花の多様な美しさを学んだ

学校を卒業後、ドイツのデュッセルドルフへ4年間留学。ドイツ流の花のアレンジやドイツ語を学びました。最後の8ヶ月間はお花屋さんで修行。接客や店内の掃除などがメインでしたが、日本とは違うアレンジを目の当たりにすることができて、とても興味深かったですね。貝がらや砂を使ったアレンジなど、初めて見るものも多くて。それから、忍耐力も身につきました(笑)。ガラスの資材ばかりを使うお店だったので、毎週月曜日には丸1日ガラス洗い。割らないように気を遣いながら7~8時間ガラスを洗い続けるのは、かなりきつかったですね。留学して、花を見る目も変わりました。ヨーロッパの各国を旅してお花屋さんを覗いたのですが、国によってアレンジのスタイルも、お客様が求めるものも全然違う。世の中には多様な美しさがあるのだと、改めて気づかされました。
現在はユー花園で、ザ・ペニンシュラ東京のウエディング装花を担当しています。お客様のご希望のスタイルに合わせて、花材や資材を発注。作業場で花を生けて、当日、ホテルに納品してセッティングをします。新郎新婦やお客様から「わあ、こんなの見たことない!」って喜びと驚きの声をいただくと、がんばってよかったと思いますね。
「一流のホテルでブライダルの仕事をしたい」というのが夢だったので、今は毎日がとても充実しています。花も資材も、使うのは一流の"いいもの"ばかり。本物を見る目も養われますし、贅沢な気持ちになりますよね。忙しい毎日ですが、そのぶん、体力もだいぶついたと思います(笑)。今は、一日も早くブーケ作りや打ち合わせの仕事ができるようになることが目標です。
学校で学んだ技術はもちろん仕事に生きていますが、それだけでなく、美術や花の文化など、さまざまな知識を与えてもらえた貴重な2年間だったのだなあと、ふり返って思います。この学校に行かなければ、ドイツへ留学したいとも思わなかったでしょうから、私に広い世界への一歩を踏み出させてくらた学校に、感謝しています。

日本フラワーデザイン専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop