日本フラワーデザイン専門学校
専門学校東京都
日本フラワーデザイン専門学校

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場 1-24-22

パンフ追加

気になるリストに追加

日本フラワーデザイン専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

日本フラワーデザイン専門学校

島田 浩 評判・口コミ

島田 浩

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

日本フラワーデザイン専門学校
2007年
ユー花園

すばらしい先生たちとの出会いが今の情熱を支えている

ぼくの働いている「フローリスト リルケ」アトレ大井町店は、駅ビルという立地のよさもあり、土日は1,000円ブーケを求めるお客様が列をつくるほど賑わっているお店です。

接客の仕事で大切にしているのは、お客様とイメージを共有すること。つまり、お客様が求めているものを敵刈るに把握することが大事だと思うんです。例えば花束を作るとき、「派手にしてね」と言われても、自分が思う「派手」とお客様の思う「派手」のイメージが違っていると、お客様には満足していただけない。そのためにも、花だけでなくお客様の顔を見て、たくさんコミュニケーションをとるように心がけています。

お客様が満足されたかどうかは、リアクションでハッキリわかりますよ。よかったときは、「すてき!」という声にもハリがあり(笑)、表情も笑顔。反対にあまり満足されていないときは、「うん、大丈夫...」と、表情がくもってしまうんです。お客様の笑顔を見られると、よかった!って安心しますね。
 大変ですが、こんなふうにお客様とじかに接することができるのがこの仕事の醍醐味でもあります。今はネット時代ですけど、人と人とが直接会って会話するって、すごく楽しいことだと思うんですよね。ぼく自信がおしゃべりだからかもしれないですが(笑)。

学校で得たものも、知識や技術はもちろんですが、人との"出会い"が一番大きいですね。とにかくすごい先生たちばかり。「あんなすごい先生たちに教えてもらえていたなんて、贅沢な環境だったんだなあ」と、卒業した今、改めて思います。なかでも、花を使って表現することの面白さを教えてくれた、生け花の矢口先生。学校を卒業した今でも、月に一回、先生の教室にいけばなを習いに行っているんですよ。

花って、勉強すればするほど好きになるから不思議です。これからも自分なりに勉強を続けて、いつかは先生のような、"表現者"を目指したいと思っています。

日本フラワーデザイン専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop