日本フラワーデザイン専門学校
専門学校東京都
日本フラワーデザイン専門学校

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場 1-24-22

パンフ追加

気になるリストに追加

日本フラワーデザイン専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

日本フラワーデザイン専門学校

崔 星福さん 評判・口コミ

崔 星福さん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

日本フラワーデザイン専門学校
2003年卒
「Choi Florist」開業

花を通してアーティストとしての自分を表現。 見る人に感動を与えたい

卒業後に日本で花屋を開業しました。フラワースクールも主宰しながら、日本、韓国ほか世界各地でデモンストレーションをするなど、アーティストとしての活動も行っています。作品作りは大変だし、徹夜仕事もたびたびあります。肉体的にも決して楽ではありませんが、学生時代にやりたいと思っていたことを今すべてやっているので、苦にはなりませんね。
2009年に開かれた横浜開港150周年記念イベントで、山の手の西洋館を花で装飾するという一大プロジェクトに参加しました。西洋館のひとつを、アーティストの一人として装飾したのです。作品が大きい場合は、全てを現場で仕上げることができませんから、ある程度まで作製してから搬入する必要があります。このときもそうでした。でも学校のフラワーフェスタや、空間装飾の課外授業で実践していたことだったので手順はわかっていたし、手間取ることはありませんでしたね。ほかにも花材の選び方や、現場の空間とデザインをどう合わせていくかなどの点でも、学校で学んだことがすべて役に立ちました。
在学中はあまり意識しなかったのですが、デザインを中心に学べる充実したカリキュラムだったことが、アーティストとしての活動の基盤になったと思います。
作品制作に没頭している時間は好きですね。そして出来上がった作品を人に見せた瞬間、見る方の反応などから違う感動が自分のなかに湧いてくる。それが次の作品への原動力になっています。"感動"は大切ですね。花屋として仕事をする場合も、お客様にはお花にプラスして、喜びや驚きなどの"感動"をご提供したいと常に考えています。
アーティストとして生きていくのは容易なことではありませんが、一生アーティストであり続けることが現在の目標です。常に新しい作品を生み出し、作品を通して変化し続ける自分を表現していきたいと思っています。

日本フラワーデザイン専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop