日本フラワーデザイン専門学校
専門学校東京都
日本フラワーデザイン専門学校

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場 1-24-22

パンフ追加

気になるリストに追加

日本フラワーデザイン専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

日本フラワーデザイン専門学校

来本 曜世さん 評判・口コミ

来本 曜世さん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

日本フラワーデザイン専門学校
1998年卒
日比谷花壇

人生を変えたドイツ研修。 "芸術"としての花の魅力を広く発信していきたい

いとこのブライダル装飾を担当したことをきっかけに、卒業後6ヶ月でフリーデザイナーとしての活動を始めました。その後日比谷花壇に入社。現在はシニアデザイナーとして、後輩の指導や、企業の広告やイベント用装花の制作などを担当しています。
広告やイベントの仕事ではコンセプト作りからデザインまでを考え、企画提案も行います。企画書とデザイン画に目を通したお客様が、仕上がりをパッとイメージできるかどうか。それがプレゼンテーションでは重要なポイントだと思いますね。企業相手の場合は、その会社の業務内容だけでなく、同業他社が何をしているのかまで調べます。そのうえで、自分だったら消費者としてこんなイベントがあれば嬉しい、というところからコンセプトを練ることもあります。常に調査や勉強が求められる仕事ですね。
在学中に最も印象に残ったのは、ドイツへの研修旅行です。世界的に有名なフラワーデザイナー、ペーター・アスマン先生の特別授業を受けました。そのときに先生がおっしゃった「自然界にあるものを、より美しく変えることが私たちフラワーデザイナーの仕事」という言葉に深い感銘を受けたからです。切り花をより美しく見せることがフラワーデザイナーの使命なのだと、このとき初めて理解しました。以来、自然界に存在するものの命を預かって商品や作品を作っているのだという意識や自覚は、仕事をしていくなかで年々強くなっています。
2009年6月に「I・NO・CHI」という個展を東京と名古屋で開催しました。写真家さんとのコラボレーションでした。制作期間は約1年。最初の4ヶ月までは次々とアイデアが浮かんだけれど、それ以降、煮詰まってしまって。丸1ヶ月頭を悩ませても何も浮かばないこともあり、頭痛になったことも。でもなんとか乗り越え、おかげで自分自身の発想の仕方を知るヒントにもなりました。ご来場くださったお客様から、「見てよかった」「あなたの言葉に力をもらった」と多くの感想をいただき、とても幸せな経験となりました。
将来の目標は、芸術としてのフラワーデザインの魅力を、花業界以外のさまざまなフィールドに出て伝えていくことですね。命ある花尊さや、花の持つ癒しの力を、"芸術"という形でどんどん発表していきたい。フラワーデザインの仕事からは、一生離れられないと思います。

日本フラワーデザイン専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop