日本航空大学校
専門学校石川県

〒929-2372 石川県輪島市三井町洲衛9部27番地7

パンフ追加

気になるリストに追加

日本航空大学校の資料をすぐにもらう

学部・学科・コース

日本航空大学校

操縦科
男女 10名

【修業年限】2年/4年

パイロットになるにはさまざまなルートがありますが、入社後に訓練を受けて資格を取得する「自社養成」と、自力で既に資格を取得している「有資格公募」の2通りに大きく分けられます。新規エアラインや大手のグループ航空会社などでは、有資格公募が定着しています。有資格として応募するには「自家用操縦士技能証明」「事業用操縦士技能証明」「計器飛行証明」「航空無線通信士」の4つの資格が必要です。本校操縦科ではすべての資格を取得することを目標とします。

○操縦科のポイント
<一人ひとりのレベルにあった訓練を行います。>
飛行訓練シラバスにより、確実なステップアップを行い、厳しい訓練のなかでも、使命感を持ったパイロットを目指します。

<フライトに専念できる環境を提供しています。>
教室の窓の外には滑走路と機体がある。そして、座学で学んだ事を直ぐ実践できる。そんな素晴らしい環境で操縦訓練を行います。

学費について

初年度納入金:7,410,000円(2年制)/4,710,000円(4年制)

入学金・授業料・施設設備費・実験実習費含む
・操縦科の学費は事業用操縦士と計器飛行証明資格取得のための国内訓練を想定しています。
・入学時点で自家用操縦士の資格をお持ちでない方は、4 年制を推奨します。
・訓練の進行により、追加訓練費が必要となる場合があります。

就職・進路

パイロット

取得可能な資格

<取得可能資格>
● 自家用操縦士(陸上単発・多発)
● 事業用操縦士飛行機(陸上単発・多発)
● 計器飛行証明
● 航空無線通信士
● 航空特殊無線技士
● 実用英語技能検定
● TOEIC

TOEIC(R)テスト実用英語技能検定事業用操縦士(飛行機)航空無線通信士自家用操縦士(飛行機)航空特殊無線技士

2年制コースの概要

<パイロットとして必要な資格、知識を取得します。>
2年制課程では、主に遊覧飛行・測量・空撮等を行っている航空機使用事業や海上保安庁等の官公庁をはじめ、エアライングープ会社及び独立系エアラインのパイロットとして必要な資格、知識を取得します。

4年制コースの概要

<4年間でプロパイロットを目指します。>
エアラインパイロットに必要な資格(事業用操縦士・計器飛行証明・英語能力証明・航空無線通信士)取得はもとより、国際人として通用する語学力、一般教養、人間性を磨き4年間でプロパイロットを育てるコースです。
日本航空大学校の学部-学科-専攻一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop