日本菓子専門学校
専門学校東京都
日本菓子専門学校

〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2-24-21

パンフ追加

気になるリストに追加

日本菓子専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

日本菓子専門学校

井上 美波 評判・口コミ

井上 美波

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

日本菓子専門学校 製パン技術学科
9期生
ボン ヴィボン

自分の提案した新メニューが採用され、それが実際に売れたときは感激で胸がいっぱいになりましたね。それまで、商品のラインアップにタルトはなかったのですが、私はアーモンドクリームにココアを混ぜ、フランボワーズのジャムにショコラのマカロンを乗せたタルトを提案。これが、私が初めて採用してもらったメニュー。

この仕事の魅力・やりがい

自分の提案した新メニューが採用され、それが実際に売れたときは感激で胸がいっぱいになりましたね。それまで、商品のラインアップにタルトはなかったのですが、私はアーモンドクリームにココアを混ぜ、フランボワーズのジャムにショコラのマカロンを乗せたタルトを提案。これが、私が初めて採用してもらったメニュー。実際に店頭に並んだときはもちろん、ご購入してくださるお客様がいたことに感激しました。厨房で大好きなパンを作るのも楽しいのですが、やはり、趣味のパン作りと仕事との違いは、そこにお客様がいるということ。「あれ、おいしかったよ」と言っていただいたりすると、大きな喜びとやりがいを感じます。

今の仕事との出会い・きっかけ

小学生の頃から、母がパウンドケーキやシフォンケーキを作るときに手伝っていたんです。中学生になった頃、「これを仕事にしたい!」と思うように。ケーキ屋さんも考えたのですが、毎日食べるならケーキよりもパンの方がいいと思い、日本菓子専門学校の製パン技術学科へ。将来の仕事を限定することに不安はありましたが、1年制ということもあり、また親から言ってもらえた「やってみれば」という一言が背中を押してくれました。入学してみると、当たり前なのですがパン好きの学生ばかりで、毎日の実技が楽しくて楽しくて。ますますヤル気がでましたね。授業で習ったパンを作るに当たっての専門用語などは、今とても役に立っています。

後輩への応援&アドバイス

専門学校には大学を出た方や、一度就職した方など年上の人もいるため、様々なアドバイスをもらえました。卒業後、本当にパン屋に就職するべきかを迷っていたときも、「まだ20歳。3年働いたとしても、まだ大学を出た人と変わらない年齢なんだから」と励ましてもらったことは忘れません。これから日本菓子専門学校に行くことを考えている高校生に、これと同じ言葉を贈りたいですね。また就職して最初の1年間は、パンに触れないで品出しや接客ばかり…という人もいるかもしれません。私もそうでしたが、それがあったから今の私がいるのだと思います。最終的には自分のやりたいことや喜びに繋がりますから、「下積みも経験」と乗り越えてください。

日本菓子専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop