日本菓子専門学校
専門学校東京都
日本菓子専門学校

〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2-24-21

パンフ追加

気になるリストに追加

日本菓子専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

日本菓子専門学校

君塚 利和 評判・口コミ

君塚 利和

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

日本菓子専門学校 製菓技術学科洋菓子科
26期生
「アンポンタンドゥ」「あんぽんたん」

えっ?と思わず聞き返したくなるようなユニークな店名。実は「あんぽんたん」というのは、フランス語で「夢の掛け橋」という意味だ。今の子供たちに「あんぽんたん」といってもわからないし、若い世代には悪いイメージはなくて、むしろ親しみや優しさを感じさせる。

あんぽんたんは夢の架け橋

えっ?と思わず聞き返したくなるようなユニークな店名。実は「あんぽんたん」というのは、フランス語で「夢の掛け橋」という意味だ。今の子供たちに「あんぽんたん」といってもわからないし、若い世代には悪いイメージはなくて、むしろ親しみや優しさを感じさせる。お店の名前って愛着を感じさせるものなので、気に入っていると君塚さんは話す。でもこんなエピソードもある。焼き菓子を手土産に利用してくださった年配の方に「お店の名前を変えなさい。美味しいのに何でこんな名前を付けたの」と言われたそうだ。

パンと洋菓子の両方を学んだ経験が活かされる

店内にはパンだけでなく、ケーキまで入れると250アイテムぐらいはある。お客さんには少しでも多くのパンを知ってもらいたいという気持ちが品揃えの幅の広さにつながっているのだろう。リピーターも大勢いるこの店の人気商品は、サンドイッチ、デニッシュ、クロワッサン。それと洋菓子売り場では「あんぽんたんシュークリーム」が人気だ。この店のようにベーカリーでありながら洋菓子も充実し、チョコレートのピエスモンテが飾ってあるところはめったにないだろう。「ベーカリーがケーキもやるのは当たり前」と語る君塚さん。日本菓子専門学校の製菓技術学科を経て、修業時代には製菓・製パンのどちらも経験したことが今活かされているという。とくに良かったと思える点は材料に関して。「パン屋さんの材料」「ケーキ屋さんの材料」といった垣根をつくらず「何でもあり」のスタンスで、より良い製品、特徴ある製品をつくるための材料選びができること。それぞれの材料のことをしっかり分かっていないと、こうは言えない。そしてこれが本来のブーランジェのあり方だろう。

頭はケーキ屋さん、身体はパン屋さん

材料へのこだわりが、激戦区千葉でもお客さんを集める秘訣のようだ。君塚さんは「製品をつくるアイデアや感性は洋菓子店で、実際の作業はベーカリーの技術や技能」と話す。また、自分自身で食べて美味しいと思える製品づくりのために石窯にもこだわっている。さらに、ヘルシーをキーワードに天然酵母や「おから」を使った商品を開発しているという。柔軟な思考から生まれるパンやケーキこそ、君塚さんとお客さんの大切な「夢の掛け橋」となるのだろう。

日本菓子専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop