日本菓子専門学校
専門学校東京都
日本菓子専門学校

〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2-24-21

パンフ追加

気になるリストに追加

日本菓子専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

日本菓子専門学校

小山下 依里 評判・口コミ

小山下 依里

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

日本菓子専門学校 製菓技術学科
49期生
パティシエ
パティスリー1904

「昨日より今日。今日より明日。」をモットーに日々奮闘中です!

◆日本菓子専門学校入学のきっかけ

いくつか見た専門学校の中で、1番在校生がいきいきと楽しそうに過ごしていて、私もその中の一員になりたいと思ったのがきっかけ。
少人数での実習に加え、朝と放課後に自主練習ができる所も魅力的でした。
1学年次には和菓子、洋菓子、パンを基礎から学べ、2学年次には自分の希望する分野をより専門的に学べ、製菓衛生師の勉強ができる点でもこの学校ならではの特長だと思います。

学生時代でいちばん心に残っている事

1番心に残っているのは、1学年次に受けたはじめての実技テスト。
普段は3人で行う実習を、1人で計量、オーブン、仕込み、仕上げまですべてを制限時間内に行わなければならないため、緊張して手が震えたのを今でも鮮明に覚えています。
あの緊迫したテストがあったからこそ、今の自分があると思います。

日本菓子専門学校の魅力

日本菓子専門学校の魅力は沢山ありますが、ズバリ先生方です。
先生方は皆、厳しく優しく丁寧に教えてくださり、学生のことを親身に思ってくださるとても良い先生方だと思います。
また、現場で実際に活躍しているシェフの実習が多いのも魅力の1つです。
1人1人、同じ製品でも、テクニックが違ったりするので、利点と欠点の両方を学ぶことができます。
現場での話がたくさん聞け、いろいろと参考になります。

日本菓子専門学校で学び1番役に立った事は協調性

3人で作業をするため、誰がどう動けばスムーズに進むかを常に考えながら実習するため、自然と
視野が広がり、フォローし合いながらの作業が身に付きました。
仕事も同じで、何人かの共同作業なので、学校での実習がそのまま現場に役立っていると思います。

現在の仕事内容

入社して2年目になりますが、ムースやビスキュイを任せてもらえるようになりました。
その時その時ではなく、毎回同じものを作れるように勉強中です。
生地の立て具合や合わせ方により、全然違うものになってしまうため、感覚を掴むことが難しく早く身につけたいと思います。
また、接客も行っているので、お客様が何を求めていて、何をしてあげられるのかを考え、どうしたら喜んでいただけるのか、日々お客様と接しながらお仕事しています。

この職業を目指す方々へ

パティシエという職業は正直、肉体的にも精神的にもつらい仕事です。
ですが、人に笑顔を与えられるとてもやりがいのある仕事でもあります。
つらい事ばかりにとらわれず、向上心を持ち、色々な経験をし、パティシエとしてだけでなく「人」
として大きく成長していってください。

日本菓子専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop