日本菓子専門学校
専門学校東京都
日本菓子専門学校

〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2-24-21

パンフ追加

気になるリストに追加

日本菓子専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

日本菓子専門学校

松井 美和 評判・口コミ

松井 美和

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

日本菓子専門学校 製菓技術学科洋菓子科
39期生
Salle de Bains(サ ル ドゥ バン)

ご近所の人が、新聞を買うついでに“パジャマにコート”で訪れる。そんな風景が自分のなかにあったので、「やっぱり、パンは朝でしょ」って、“7時オープン”と“対面式販売”のスタイルにこだわってこの店を始めました。そう、私がつくるのって何か特別なパンっていうわけじゃないんです。でも、自分がカタチづくったものが誰かの食卓に並んで、運がよければ毎日の生活の一部になる。これって十分、すごいことじゃないですか?

一番の魅力は、パンを通じて交流が広がること

ご近所の人が、新聞を買うついでに“パジャマにコート”で訪れる。そんな風景が自分のなかにあったので、「やっぱり、パンは朝でしょ」って、“7時オープン”と“対面式販売”のスタイルにこだわってこの店を始めました。そう、私がつくるのって何か特別なパンっていうわけじゃないんです。でも、自分がカタチづくったものが誰かの食卓に並んで、運がよければ毎日の生活の一部になる。これって十分、すごいことじゃないですか?さらに、パンを通して今まで交流のなかったご近所さんともお話をするようになったし、その人がまた別の人にこのお店を勧めてくれるものだから…。どんどん“ご近所”が広がっていくことに、魅力を感じてます。

一度は離れようと思ったパンの世界

パンづくりに疲れてしまった22歳のとき、ふと思い立って、語学留学の名目でフランスに渡りました。でも、パンから逃げてきたはずの私を待っていたのは、やっぱりパン!ホームステイ先で紹介され、ついつい、地元のパン屋でのアルバイトを始めてしまったんですよね。その店は…適当といってしまえばそれまでなんですが(笑)、厨房にまで流れ込むラテン音楽にあわせて、いつも誰かしら踊っているようなところで。私も「ああ、楽しくパンをつくってもいいんだ!」って、パンづくりに対する気持ちを何となく取り戻せたんです。店長のあだ名は、ボブ。この店の人気商品『ボブ・クロワッサン』は、彼の名前からとったものなんですよ。

地道においしいパンを「ご近所のあの人」に

『早朝から焼きたてパンが…』。地元紙やケーブルTVで紹介されてから、遠くから訪れてくださるお客様が増えました。ブログでも紹介された記事を見て足を運んでくださるお客様もいます。それはそれで、もちろん嬉しいんです。というか、正直助かってます(笑)。でも、そういうお客様って一回きり、そんなに何回も通ってくれるわけじゃない。私自身も食べ歩きが趣味だからよく分かるんです。だから、私が本当に大切にしたいのは、毎日来てくれる人だなと。朝イチバンに来るあの人、トレー持参で来るあの人、新聞を買うついでにくるあの人…。これからも地道に、ご近所の“あの人”においしいパンを届けられれば、それでいいと思っています。

日本菓子専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop