服部栄養専門学校
専門学校東京都

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-25-4

パンフ追加

気になるリストに追加

服部栄養専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

服部栄養専門学校

安永 紀也 評判・口コミ

安永 紀也

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

服部栄養専門学校 調理師科 昼間部

調理師になりたい!パティシエになりたい!やっぱりその思い、あきらめなくて正解でした。

幼稚園の頃、製菓の先生である叔母さんと一緒にお菓子を作るのが大好きで、お菓子屋さんに憧れていた。 そんな安永さんも、高校後いったんは違う仕事に就いたものの「やっぱりやりたいことを!」と、思い直して服部に 入学した。

服部を選んだのは、確かな伝統と信頼から。もちろんネームバリューも魅力だった。「誰でも知っている学校を出て いるって強いじゃないですか」。実際、在学していても「服部の業界とのパイプの太さ、校長先生の力はすごいなと実感 させられた」と言う。また、製菓製パンだけでなく和・洋・中も学べて調理師の資格が取れるという点にも惹かれた。「料理の知識や技術は、より魅力あるお菓子づくりにつながりますからね」。

毎日熱心に教えてくれる先生のもと、同じ夢をもつ仲間と過ごした時間は楽しかった。学園祭でつい皆とハメを外して 怒られて、謝りにいったことなども今ではよい思い出になっているとういう。

HANZOYAとの出会いは、ホテルやレストラン数件を経験した後のこと。見込まれて姉妹店のケーキ屋さん 「ラ・ピエスモンテ」にオープニングスタッフとして入り、同店の全体をまとめるチーフの役割を任されている。

披露宴もあるHANZOYAでは「大きなウェディングケーキも手がけられるのが魅力。しかもオーダーメイドなので、それぞれの お客様の思いをカタチにしてさしあげることもできて、最高にやりがいがあります」と言う。

幼い頃からの夢を捨てないで本当によかったと、心から思える今があるようだ。

服部栄養専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop