東京ビジュアルアーツ
専門学校東京都

〒102-0081 東京都千代田区四番町11

パンフ追加

気になるリストに追加

東京ビジュアルアーツの資料をすぐにもらう

卒業生の声

東京ビジュアルアーツ

吉田 恵輔さん 評判・口コミ

吉田 恵輔さん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

東京ビジュアルアーツ
1998年

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」でグランプリを受賞した映画監督

在学中から塚本晋也監督作品『BULLET BALLET/バレット・バレエ』にスタッフとして参加。2006年、自主制作映画『なま夏』でデビューし、同作品が「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」のファンタスティックオフシアターコンペティション部門でグランプリを受賞。07年劇場用映画『机のなかみ』、08年『純喫茶磯辺』と、監督・脚本・編集作品を発表し、注目を集める。2010年6月、映画「さんかく」公開。

映画を撮る上で大切にしているのは何ですか?

作品の中心にあるのは“距離感”。親、友人、恋人…。距離感があるから人間は一見どうでもいい言葉を話したり、無駄にみえる時間を過ごす。
自主制作映画を作っているとき、一次審査さえ通らず挫折感を味わった時期があります。そのとき、気づいたんですよね。賞を狙わずに自分のカラーを出そうと。不要な間やセリフを盛り込んだり、“好きだ”と言うだけに時間をかけたり、観ていてバランスが悪いし歯がゆいけど、それが自分の“リアル”なんですよね。

どんな2年間を過ごしましたか?

高校時代から『映画監督になる』という明確な夢はありました。でも、遊んでばかりで、全然行動していませんでしたね。だから、東京ビジュアルアーツに入学してからの2年間は無遅刻無欠席で授業に出て、映画と真剣に向き合いました。

映画を撮ろうと決めたのはいつですか?

東京ビジュアルアーツに在学中、憧れだった塚本晋也監督率いる塚本組の門を叩きました。照明として1年半、無我夢中で働いたのを覚えています。監督の姿を間近で見ながら、『俺も映画を作る』と腹をくくったのはそのときですね。

※こちらのコンテンツの写真・文章は、2013年度学校案内より転載しております。

東京ビジュアルアーツの卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop