東京フィルムセンター映画・俳優専門学校
専門学校東京都
東京フィルムセンター映画・俳優専門学校

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-14-9

パンフ追加

気になるリストに追加

東京フィルムセンター映画・俳優専門学校の資料をすぐにもらう
東京フィルムセンター映画・俳優専門学校の個別相談・個別見学に申込む
<土・日・祝日開催!>
体験はせず説明だけ聞きたい!という方はぜひこちらにご参加ください。

卒業生の声

東京フィルムセンター映画・俳優専門学校

宮平 安春 評判・口コミ

宮平 安春

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

東京フィルムセンター映画・俳優専門学校 映画俳優専攻(2期卒業生)
俳優
(株)ヒラタオフィス

届けたい…その思いを忘れずに自分自身と戦い続けた3年間の先には。

沖縄より上京し本校に入学。 在学中より様々なオーディションを受け、海外の舞台や『仮面ライダー電王』などの映像作品にも出演。 卒業後に現在の事務所 (株)ヒラタオフィスに所属。 テレビドラマ、映画、CMに出演。 2014年には『くらげとあの娘』にて自身初となる主演を果たす。 その後もテレビやCM・映画などで活躍中。

映画『くらげとあの娘』での主演など、数々のドラマ・映画に出演されていますが、子供の頃から俳優を目指していたんですか。

子供の頃は、何か表現をしたいという願望が強かったですね。 表現と言っても学芸会を主導したり、交通安全の標語だったりなどですが。そして具体的に進路を考える中で、俳優になりたいと思い、沖縄から上京してきました。

芸能事務所にそのまま入るという方法もある中、なぜ専門学校に入学されたのでしょうか。

俳優という職業を仕事にするためには、しっかり下積みをしなくては将来食べていけなくなると思ったのと、小学生のころから演技をやっている人に、その時点では敵わないと思ったからです。 また演者側だけでなく、作る側のことも知識として持っていたいとも思いまし制作できると考え入学しました。

入学してからは学内でバリバリ活動されていたのでしょうか。

そんなことはなかったです。 私は20歳で入学したこともあり、劣等生だったんですよ。 周りには子役劇団出身の人がいたりして、演技の基礎中の基礎の授業が最初からできる人もいました。ただ、周りと比べるのではなく、自分自身の想像と戦っていました。自分の中ではここまでできるはずだと思っていても、できていない。こうしたい、こうなりたいというイメージの中で自分をずっと追いかけていましたね。

そこから勉強を重ねていったんですね。 学内外の舞台や映画制作に参加されたりなど経験はありましたか。

最初は全然選ばれなかったんですよ。でも学内で行われたミュージカルで初めて選学校で募集のあった日中韓合作のプロジェクトに参加することもできて、それが事務所に入るのに良い経歴になりました。

かなり忙しそうな学生生活を送られていたんですね。それほど俳優という職業に魅了されていたんですね。

これでいいんだろうかと迷うこともありました。でも入学して一年経った時に、自分が過ごしてきた20年の中で表現できること、それを届けられる仕事をしたい、と意志を固められました。この学校には、演技や映画について語りあえる仲間と時間が沢山ありました。 なので私はこの学校を選んで本当によかったと思っています。

東京フィルムセンター映画・俳優専門学校の卒業生の声一覧
東京フィルムセンター映画・俳優専門学校の個別相談・個別見学に申込む
<土・日・祝日開催!>
体験はせず説明だけ聞きたい!という方はぜひこちらにご参加ください。

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop