東京工学院専門学校
専門学校東京都
東京工学院専門学校

〒184-8543 東京都小金井市前原町5丁目1-29

パンフ追加

気になるリストに追加

東京工学院専門学校の資料をすぐにもらう
東京工学院専門学校の個別相談・個別見学に申込む
楽しく本学院を見学できる「学校見学プログラム」を
祝日を除いて毎日実施しております!
ぜひ、お友達を誘って遊びにきてください!

卒業生の声

東京工学院専門学校

磯村 貴宏 さん 評判・口コミ

磯村 貴宏 さん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

東京工学院専門学校 ミュージック科
2007年卒業
Rhythmic Toy World ドラマー
(株)BIG HIT COMPANY

音楽をやる上で必要なこと全てを学んだ!

「RUSH BALL☆ R2015」出演
「RUSH BALL 2015」出演
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」出演
「COUNTDOWN JAPAN 15/16」出演
2nd Single「輝きだす」森永製菓「DARS」TVCMタイアップ

現在の仕事は?

東京工学院専門学校のミュージック科を卒業後、(株)BIG HIT COMPANYからバンド「Rhythmic Toy World 」のドラマーとしてデビューしました。

東京工学院へ入学した決め手は?

高校生の時に、東京工学院が主催する「高校生バンドコンテスト」で優勝したことがきっかけで入学しました。

東京工学院で学んで良かったことは?

東京工学院では、「主科」と「副科」の授業があり、「主科」は自分の一番やりたいパートのレッスンをマンツーマンで学ぶことができます。個別指導なので質問もしやすく、講師の方も熱心に教えてくださるので技術的な基礎などを固めることができました。専門的な技術や知識だけでなく、挨拶の大切さ、協調性、探究心など、音楽をやる上で必要なことを授業や実習で身につけることができたのも良かった点です。

入学するまでは、実は私は人見知りで、ただドラムを叩くだけだったのですが、学校での学びを通して人前でパフォーマンスすることが楽しくなり、今ではライブやイベントで自分から前に出られるようになりました。

また、東京工学院は様々な学科が集まっている総合学院という専門学校なので、実習やイベントを通していろんな人たちと知り合う機会があります。私も在学中に音響芸術科にレコーディングをしてもらったり、放送芸術科にミュージックビデオを撮ってもらったりしました。卒業後もその友人たちとの交流は続き、Rhythmic Toy World のPVも撮影してもらいました。プロの現場で卒業生と再会することもあり、大切な絆を結ぶことができています。

この業界を目指す人へのメッセージ

私は高校3年生の時、初めてライブをした時の初期衝動、感動が忘れられず、ドラムを叩くことを好きになり、この道に進むことを決めました。好きだからこそ楽しくやることができ、夢を叶えることができました。この業界を目指すのは大変なことだと思いますが、自分の好きなことをやるために本気を出すなら、東京工学院の先生方は必ずサポートしてくれますよ!

東京工学院専門学校の卒業生の声一覧
東京工学院専門学校の個別相談・個別見学に申込む
楽しく本学院を見学できる「学校見学プログラム」を
祝日を除いて毎日実施しております!
ぜひ、お友達を誘って遊びにきてください!

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop