東洋Fデザイン専門学校
専門学校大阪府
東洋Fデザイン専門学校

〒535-0021 大阪府大阪市旭区清水1-1-6

パンフ追加

気になるリストに追加

東洋Fデザイン専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

東洋Fデザイン専門学校

鈴木 弘美 評判・口コミ

鈴木 弘美

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

東洋Fデザイン専門学校 ファッション科 ファッションデザインコース
ファッションデザイナー/代表
インプルーヴ

学生時代を振り返って思うことは、同じ目標を持つ者同士、時にライバルとなり刺激し合える仲間や、親身になってくださった恩師との出会い、そして、授業でのマーケティングや実習作業等、 基礎となることを幅広く習得できた3年間だったということです。
小学校4年生の時にはすでにファッションデザイナーになるんだ、と心に決めていました。
学校を卒業後、迷わず専門的に学べる学校を探し、東洋ファッションに入学。アルバイトで学費を作りながらの学生生活でした。 卒業後、TOYOで学んだ技術が認められ、(株)ワールドの専門職という狭き門をくぐる事が出来ました。
デザイナーへの道が身近なものとなり、私が行動したことは、自分の目で見、触れたもの、仕事で携わった経験が過去のものとならないように、 自分なりにその時に感じたことをメモやファイルにして残すようにしました。 それらは今、まさに私がデザインをする上でのひらめきや、アイデアを与えてくれる生きた財産となっています。
Improveが常に意識をし、ポリシーとしていることは、創り手の想いが着る人に伝わる商品の開発です。
そして現在、ニットの関連事業のひとつである、バレエウェアの商品化に取り組んでいます。 市場調査を何度も繰り返し、サンプルを創ったり、展示会へ活動の幅を広げ、改良に改良を重ねています。 年内を目標にと、忙しいですが充実した毎日です。
今、ファッションを学ぼうとしている方に伝えたい事は、若い内は視野を広く持ち、比較できるものさしを自分の中に持つことです。 そうすれば、おのずと好きなものが見えてきます。そして、熱意やファッションに対する想い、チームワークの大切さです。 とても基本的なことですが、私がTOYOで学んで一番感謝していることのひとつです。

東洋Fデザイン専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop