松本医療福祉専門学校
専門学校長野県

〒390-0841 長野県松本市渚2-8-4

パンフ追加

気になるリストに追加

松本医療福祉専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

松本医療福祉専門学校

細田 尚久 評判・口コミ

細田 尚久

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

松本医療福祉専門学校 介護福祉学科

きっかけはボランティア そして、今の自分がいる

 高校生のころから、知的障がいのある子どもたちと、障がいのない子どもたちとの交流をサポートするフレンドシップキャンプという企画にボランティアとして参加し、活動してきました。そこで福祉分野に興味を持ち、専門的知識と技術をしっかりと勉強しようとMICに入学しました。
 学校の授業や実習には難しい課題もたくさんありましたが、相手の方に心を開いていただくには、どのように接し、どのようにコミュニケーションをとればよいのかを考え実践することができました。そして自分自身の中で、学校での学習とボランティア活動が結びつき、障がいのある子どもたちの介護に関わる仕事をしたいと思うようになったのです。それには保育士の資格も必要ということで、MICを卒業後、保育士養成の学校へさらに進学しました。
 現在は、心身に障がいのある子どもたちのケアを行う施設で働いています。二つの資格を取ったとはいえ、当初は言語も身体表現も困難である子どもたちとの関わりに悩む毎日でした。しかし、時間を重ねるうちに学校で学んだことやこれまでの体験を生かせるようになってきました。保育士として、どのようなサービスを提供できるのかを考えたり、介護福祉士としての技術を、例えばお風呂の介助に生かしたり、自分だからこそできる支援がしだいに見えてきたのです。そのことが今の自信にも繋がっています。
 福祉の分野は広くて多様です。自分が何をしたいのか、何ができるのか、学校はそれを見つけ出す場でもあります。
 これからMICで学ぶ皆さんも、授業や実習を大切にすることはもちろん、学外での活動にもぜひ目を向けて福祉に対する視野を広げてほしいと思います。
 私は社会人となった今でも、フレンドシップキャンプのボランティアを継続しています。とにかく楽しいから参加しているのですが、私自身が今の仕事をする上で必要なパワーをもらっていることも事実です。この企画には嬉しいことにMICの学生が毎年参加してくれます。私と同じように卒業後も続けている者もいます。皆さんとも一緒に活動できることを楽しみにしています。

松本医療福祉専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop