盛岡医療福祉専門学校 柔道整復学科・鍼灸学科
専門学校岩手県

〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3丁目3-4

パンフ追加

気になるリストに追加

盛岡医療福祉専門学校 柔道整復学科・鍼灸学科の資料をすぐにもらう

卒業生の声

盛岡医療福祉専門学校 柔道整復学科・鍼灸学科

村上 幸乃 評判・口コミ

村上 幸乃

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

盛岡医療福祉専門学校 柔道整復学科・鍼灸学科
2011
元々理学療法士を目指していましたが、スポーツ外傷のエキスパート柔道整復師に魅力を感じ入学を決めました。今働いている病院では、医療従事者とのコミュニケーションがとても重要で、とてもやりがいのある仕事です。
医療法人松田会 松田病院勤務

医療チームの一員としてやりがいのある仕事です!

柔道整復師になろうとしたきっかけとその時期を教えてください。

元々は、理学療法士を目指していましたが、骨折・脱臼・打撲・捻挫等を無血療法で治療することができるこの職業に魅力を感じました。

「人の役に立てる仕事がしたい!」とずっと思っていました。

友達が部活中に骨折したのを見たこともあり、そうした方々が早期に社会復帰することで社会に貢献したいと感じたことがきっかけでした。

今現在の仕事について(楽しいこと、大変なこと)

◆楽しいこと、うれしいこと
・患者の症状が軽減したと実感できるときや患者さんから、「楽になった」「あなたがあたってよかった」などのお声を頂いた時、また、技術面において、自分のできる技術が増えたときなど、仕事にやりがいを感じます。

◆大変なこと
・病院勤務なため、他の医療スタッフ(医者・理学療法士・介護福祉士等々)間の連携をうまく取るコミュニケーションがとても重要な仕事です。他のスタッフへの気配り、そして自分自身の技術の向上が、相手から信頼に繋がるので、日々努力を重ねています。

・患者さんの治療内容の選択をするときなども、他の医療スタッフからのアドバイスを頂きながら行なっており、現場で経験するすべてが勉強の毎日です。

将来のビジョンについて(どんな柔道整復師になりたいか?)

毎日の業務では、患者さんの話を親身に聞き、同じ目線に立つことで相手との信頼関係を築くことに重点を置いております。
また、外部の勉強会などにも積極的に参加して、自身の技術面を磨くことにも努力を惜しまず頑張っています。
将来は、患者さんの心と身体の両方のケアが出来るようになれる柔道整復師になりたいです。

盛岡医療福祉専門学校 柔道整復学科・鍼灸学科の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop