YMCA福祉専門学校
専門学校神奈川県
YMCA福祉専門学校

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸3032-2

気になるリストに追加

高校生の方へ

YMCA福祉専門学校

QUESTION

YMCA福祉専門学校によく寄せられるご質問と、その回答例になります。

ANSWER

Q.就職率は?
A.おかげさまで1期生から14期生まで、就職を希望する学生はほぼ100%の就職実績があります。現場に出た先輩たちの活躍が、YMCA福祉専門学校に対する信頼につながっています。社会における介護福祉士へのニーズが高まるにつれ、求人数も増加し続けています。数多くの求人情報の中から、自分に合う就職先を見極めるためには、なるべく多くの施設を訪れ、自分が介護をする上で大切にしていることと、法人や施設の方針・介護間がぴったり合うかどうか、自分の目で進むべき進路かどうかを判断する力を備えておくことが、就職活動を成功させるポイントといえます。

Q.入学前の今、しておけることは何?しておいてためになることは?
A.進路を決める前なら、ぜひ福祉施設等でのボランティアをすることをおすすめします。施設で実際の介護福祉士がどんな仕事に従事しているのかを見ることができますし、利用者とのコミュニケーションなども体験でき、きっと行ってよかったと思えるは

Q.「YMCA福祉専門学校」と「YMCA健康福祉専門学校」の介護福祉科では、少しだけ授業内容が違うのはなぜですか?取得資格などに違いはありますか?
A.両校とも養成したい人材像は同じですが、各学校により個性的な科目をカリキュラムに取り入れ、学校ごとの特色を出しています。どちらの学校も様々な現場体験ができますが、実際の学校の雰囲気は違うと思いますので、ぜひご自分の目で確かめてください。
また、YMCA健康福祉専門学校介護福祉科では、介護福祉士国家資格に加え「社会福祉主事任用資格」をめざすカリキュラムとなっています。学校での授業および現場実習を含む学習時間が、本校に比べて多くなっていますので、ぜひ実際のキャンパスライフの違いを各校のオープンキャンパスで比べてみてください。

Q.ボランティアは、学校から言われたところにしか行けないのですか?
A.そんなことはありません。ボランティアは他から強制されたり義務として行うのではなく、「自ら進んで」「自分のできること」を「よりよい社会づくりのために」お互いに学びあいながら行う活動だと考えています。もし、「ここの施設でボランティアがやりたい!」と思ったら、まず「自分にできることはありませんか?」と聞いてみてはいかがでしょう。校内の「ボランティア掲示板」には、福祉施設やYMCAでのボランティア情報がいつも貼り出されていますので、活用してください。

Q.クラブ活動のことを知りたいのですが、教えてください。
A.部員が5名以上集まればクラブを設立することができます。過去、サッカー部やバスケットボール部、ダンス部などがあり、サッカーとバスケットボールについては夏の神奈川県専門学校体育大会に出場した実績もあります。その他、手話部が多摩ふれあいまつりやYMCA祭で手話ソングを披露するなど、多方面で活躍していました。2012年度には麻雀部、2013年度からフットサル部が発足し、自主的に活動しています。

Q.入試の面接ではどんなことを聞かれますか?
A.面接試験では、本校への志望動機、将来どのような介護福祉士になりたいか、ボランティア経験についてなど、 15~20分程度でお聴きします。詳細については「入試対策説明会」にてご説明します。

Q.実習先は自分で選べるのですか?実習期間中でも土日は休みですか?
A.実習先については、実習前に個人面接をおこない、本人の適性や通勤距離等を考慮して教員が決定します。実習期間中は、実習先のシフトに合わせてお休みが決まりますので、必ずしも土日がお休みとは限りません。

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop