NIC International College in Japan 東京本校
留学・奨学会東京都

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-9-16

パンフ追加

気になるリストに追加

NIC International College in Japan 東京本校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

NIC International College in Japan 東京本校

中里 貴裕 評判・口コミ

中里 貴裕

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

NIC International College in Japan 東京本校
NIC第25期生

「 逃げてなんかいない 」

NICに行くと決めてからはとても速かった。センター試験が思うようにいかず、何か他に選択肢はないのかと考えNICのことを思い出した。もともと英語を勉強して海外で働きたい、できれば国際公務員となり国連の一員としてやっていきたいと思っていた。留学すれば一歩近づくのではないか、NICに行けば変われるのではないかと思いここに来た。しかし、最初これは「逃げ」なんじゃないかと少なからず思っていた。最後まで受験せずにNICに流れていいのかと。でも今思うと、NICに来たのは全く「逃げ」ではなくむしろこの選択こそ最良のものだったと実感した。
英語が話せるようになったことは振り返ってみると大きな変化だ。最初の授業は強烈だった。授業中、どうしてなにも言わないの?と英語でパートナーから言われ、あせり、それでも何も言えずただただ時間が過ぎるのを待っていた。いくら今まで中高と英語を勉強してきても話したことがないから何をどう言っていいのか頭に浮かばなかった。だが、日を経るに従って話し方がわかり、今では即席スピーチもできるようになった。また、受験勉強の後NICに来たおかげで文法も他教科も理解があるので英語を勉強する上で役立っている。捨てずに全部やっていてよかったと改めて感じている。
そして、ここに来た一つの目的を今達成できた。このMy Missionである。受験面接の時、多くの人に国際公務員に興味を持ってもらうために入学したらここに載る、と言っていた。まずは第一段階クリアである。まだ本当になってはいないが数年後目標をかなえた後もう一度ここに載る。それが今できたもう一つの目標だ。
では最後に、今教わっているDonald先生がよく言っている言葉で締めよう
Don't believe in anything.
たとえ先生や本がこうだと言っていてもそれが本当かどうかは分からない。考えることをやめてしまったら機械と同じだ。だから広い視点を持って当たり前を当たり前と思わずに考え続けるのがいい。

NIC International College in Japan 東京本校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop