NIC International College in Japan 東京本校
留学・奨学会東京都

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-9-16

パンフ追加

気になるリストに追加

NIC International College in Japan 東京本校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

NIC International College in Japan 東京本校

宮坂 知菜美さん 評判・口コミ

宮坂 知菜美さん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

NIC International College in Japan 東京本校
NIC第19期生
テレビ制作学部卒業
ウェストミンスター大学

「逃げる理由はなにも、ない。」

2011年夏にウェストミンスターを卒業後、Post Study Workという、2年間の就業許可を取り、現在イギリスで働いている。卒業後すぐは、イギリス各地、そして日本国内で行われた東日本大震災復興関連イベントの運営に携わった。日本国内で携わった東日本大震災復興関連イベントの前後に、岩手県、宮城県、福島県の被災地にも出向いた。その後はNHKなど、日本のテレビ番組の現地ロケグループメンバーとして活動し、2012年夏にはロンドンオリンピックにおいて、テレビ放送のコーディネータして携わった。

そして2013年1月からは、ロンドンに拠点をもつ日系のイベント運営会社に就職した。
「イギリスだけでなく、ヨーロッパ各地のイベント運営を行ってる会社なのですが、来週はドイツに出張が入ったり、スペインでのお仕事もあったり、小さい会社なので、新米でも任されることがたくさんあります。」
この秋からはイギリスの大学院でマネージメントを学ぶ予定だという、宮坂さん高校時代、ノルウェーの高校へ1年間留学した。その経験を生かし、NICへ入学。NIC時代の仲間や、共にイギリスで頑張ったNIC生とは、今でも深いつながりがあるという。
「NICの仲間は、長い間会っていなくても、『久しぶり感』がないんです。いつでもあの時に戻れるというか、感覚が今でも一緒。同じ価値観をもっているので、どんな話でも気兼ねなくできる。」

イギリスでの生活も6年が過ぎた。イギリスに来た時は、こんなにも長く住むことになるとは夢にも思わなかったという。
「ロンドンは、いろいろな国からの移民で成り立っているところです。街を歩いていても英語だけでなく、たくさんの言語が飛び交っている。価値観が違うのも当たり前で、何をするにも自由な雰囲気が、私に合っていたのだと思います。」
読者へのメッセージをお願いすると、
「人生は一度きりなので、やりたいことをやったほうがいい。留学したくてもできない人の方が多いのだから、もし少しでもチャンスがあるのであれば、そこから逃げる理由はなにもない。やったもの勝ちです。」

NIC International College in Japan 東京本校の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop