NIC International College in Japan 東京本校
留学・奨学会東京都

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-9-16

パンフ追加

気になるリストに追加

NIC International College in Japan 東京本校の資料をすぐにもらう

学生の声

NIC International College in Japan 東京本校

鈴木 宏宗 評判・口コミ

鈴木 宏宗

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

NIC International College in Japan 東京本校

ゆっくり急げ

「Mission」、日本語で使命。僕の中で「使命」とは、その命を誰かのために使うことだと思っている。僕は誰の為に自分の命を使いたいだろうか。実家は北海道の池田町という小さな町。この町で僕の両親は「ゆたか」という飲食店を開いている。正直に言って、ここの料理はめちゃ美味い。(笑)僕はこれほど沢山の美味しい料理を出す飲食店に今まで出会ったことがない。食べ慣れているせいかもしれないが、そのくらい僕はこのお店が大好きだ。中学生の頃、僕の夢はこのお店を継ぐことだった。それが今となっては

「New Yorkでゆたかの2号店を出して、繁盛させること」

これが僕の夢。

本店が池田町で、2号店がNew York・・・おもしろくない?笑

僕の夢には4つの理由が含まれている。その中でも特に2つの理由についてお話したい。

「親の味を沢山の人に知ってもらいたい」というのは、中学校の頃から思っていたことだ。小さい頃、沢山怒られ沢山殴られたせいで、親のことは大嫌いだった(特に親父)。でも今になって理解できる、両親はずっと僕に愛を与えてくれていた。両親はすべて僕の為にやってくれていたのだ。本当に両親には感謝し、尊敬している。彼らの働く姿は本当にかっこいい。僕はそんな両親が大好きだ。だからこそ彼らの味を世界で1番大きな街New Yorkでいろんな国籍の人に知ってもらいたい。

「世界の子供たちを少しでも笑顔にしたい」というのが一番大きな理由だ。僕は子供が本当に大好きだ。子供の笑顔は世界で一番綺麗で、何も濁りがない。だが世界中では罪もない子供たちが毎日死んでいる。特にアフリカでは深刻だ。彼らは彼ら自身では何もできない、一番弱い存在なのだ。そんな子供たちの笑顔を守りたい、そして彼らの為に僕は自分の命を使いたい。僕は絶対に夢を諦めない。

「ゆっくり急げ」というのは亡くなった大好きなじいちゃんの口癖だった。今でもこの言葉の意味はわからない。この言葉の意味を、夢の途中で見つけよう。

NIC International College in Japan 東京本校の学生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop