大阪女学院短期大学
短大大阪府

〒540-0004 大阪府大阪市中央区玉造2-26-54

パンフ追加

気になるリストに追加

大阪女学院短期大学の資料をすぐにもらう

基本情報

大阪女学院短期大学

  • 少人数制

■仲間ができる! 学びが深まる!“四大の半分ではない”充実の学びがある短期大学。

2年間で、変化した「新しい自分」と出会う。自信がなかった人も驚くほど力を伸ばす。そんな短期大学がここにあります。大学4年間で行う英語力アップのプログラムを2年間で無理なく展開。参加型授業で、自分で考え学ぶ力がつく。大阪女学院短期大学は、そんな学びを楽しく頑張れるしくみを用意しています。


●海外プログラム●
「English Cultural Exchange」 in 台湾
台湾の元智大学学生と「英語で」交流します。

「異文化間リサーチ演習」 in オーストラリア
異文化に関する各自のテーマについて英語でリサーチし、レポートにまとめます。

「地域研究南アジア」 in バングラデシュ、インド
貧困問題への取り組みやNGOによる国際協力について現地でリサーチします。

「Cabin Attendant実習」 in ロンドン
CAをめざすための実践力を養成する英国の大学での3週間の実習プログラム。

※いずれも、留学費用の一部を支援する、返還不要の奨学金制度もあります。


●発音が目に見えて上達するPhonetics●
「Phonetics」(音声学)の授業で学ぶ、英語の正しい発音習得のための理論と実習は、韓国語、中国語、フランス語など他言語の習得にも大きな力を発揮しています。

●ビッグシスター制度●
本学伝統の「リーダーシップトレーニング」を受けた2年生がビッグシスターとなって新入生をサポート。学生生活全般において良き相談相手となってくれます。

●学習サポートセンター●
SASSC(サッシー)と呼ばれる学習室で、英語学習全般や英語の論文の書き方などについて、卒業生チューターや英語ネイティブ教員、留学生がサポート。個別指導も受けられます。

◇よくある質問◇
Q.バイトやクラブと勉強との両立はできますか?
A.多くの学生が両立させています!ペースがつかめてきたらバイトも平気。忙しい中でも、時間の使い方が上手になります。


大阪女学院短期大学 (短期大学-短大)

〒540-0004 大阪府大阪市中央区玉造2-26-54

お知らせ

オープンキャンパス 2016
<開催内容>
模擬授業
iPad体験
キャンパスツアー
入試・留学・就職・編入・奨学金・学生生活など個別相談
エアラインの仕事ミニガイダンス

<開催時間>
10:00~15:30(予約不要)

<開催日程>
11/23(水・祝)
12/10(土)学生と一緒に授業を受けられます
2017/3/26(日)(予定)

☆は、AO入試説明会開催日
※スケジュールは予定で変更になる場合があります。

詳しくはこちら⇒www.shingakunavi.ne.jp...

学部・学科・コース・専攻

アクセス(地図・住所・所在地)

〒540-0004 大阪府大阪市中央区玉造2-26-54・JR大阪環状線「玉造」駅下車、700m。
・地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造」駅下車、300m。
大阪女学院短期大学アクセス-地図-住所 アクセス(地図・住所・行き方・場所)

各種制度

【奨学金】
特別給付奨学金制度 | 日本学生支援機構の奨学金制度 | 本学独自の奨学金制度 | 国の教育ローン など

就職・進路

中学校教諭ホテル/旅館

学べる学問

国際関係学国際文化学外国語学教育学

目標とする資格

国際連合公用語英語検定試験実用英語技能検定TOEFL(R)「ハングル」能力検定試験スペイン語技能検定中国語検定試験TOEIC実用フランス語技能検定試験ロシア語能力検定試験

取得可能な資格

中学校教諭免許状<国>

学費について

■ 英語科(100名)

-2011年度入学生納付金内訳-
【1年次】
入学金100,000円 授業料1,100,000円(1期・2期分納) 施設設備費300,000円(1期・2期分納)
計1,500,000円
【2年次】
授業料1,100,000円(1期・2期分納) 施設設備費300,000円(1期・2期分納) 計1,400,000円
*1年次1期分は入学手続時納入。
*この他、学友会費6,000円、健康診断、英語共通教材等の実費相当額が必要になります。(2年間で学友会費を
含み、40,000円程度を予定)

★大阪女学院短期大学での新しい学び★

★大阪女学院短期大学での新しい学び★

これからの時代を生きていくために求められることは英語で【会話】できることではなく、知の力を備えた【知的対話】ができること。
日本だけにとどまらない、世界を視野に入れた本学独自のカリキュラムは、おそらくあなたがいままで経験したことのない新しい学びのかたちです。

●自己の確立群
哲学や教育学、心理学や社会学といった4つの領域をとおして、人間一般論ではなく、 世界でたったひとつのかけがいのないあなた-【自己】という固有の存在への気づき、
新しい自己への飛躍をはかります。

●コア基本群・コア展開群
「英会話」ではなく、「英対話」能力の確立をめざす本学では、国際社会の中でしっか りと意見を述べられるよう、*4つのコアトピックについて日本語と英語で学びます。

まず1年次の【コア基本群】では、4つのトピックを題材として取り上げ、その一つひと つについて、「読む・書く・聴く・話す」の4技能をフル活用し、”英語で考える”と いう知的コミュニケーションに必須の基盤を確立します。

2年次の【コア展開群】では、4つのトピックの中から自分自身が最も関心のあるトピッ クを選択し、さらに多面的に、深く英語で思考します。

*4つのコアトピックとは?
-平和の追求-
国際関係の構造とその変遷、戦後日本の歩み、新しい国際秩序の可能性の追求。
-科学と宗教-
高度技術社会の出現、科学への信頼、その中での宗教の可能性、人間の生き方につい ての学び。
-現代と人権-
人権思想の誕生、人権をめぐる闘いの歴史、人権問題の社会的・文化的構造について考え る。
-生命の危機-
生命と生活のとらえ直しや、地球社会に存在するさまざまな不公正について学ぶ。

●表現・コミュニケーション群
事実は証明の当てかたによって幾通りもの変化を見せますが、真実はただひとつ。異文 化の中でも自分の意見や思想を表明するための方法論を身につけましょう。
【研究調査】【世界の言語】【言語】【文化】【表現】などを学び、学んだことや考え を他者に伝える表現力・コミュニケーション力を養います。

●語学基本群
英語を雄弁に話すためには、発音や語彙、文法事項などを鍛える作業が不可欠です。そ の場にふさわしい言い回し、過不足のない表現法など「言語を使う」ことを第一目標 に、英語を多面的に学習していきます。

●英語以外の専門分野の学び
さまざまな進路にチャレンジするために、英語以外の専門分野の学び(社会・心理関 係、文学・言語関係、自然科学関係、第二外国語関係、ビジネス関係、国際問題関係、 教員養成関係)が用意されています。
開校科目は大学案内等をご覧いただくか、お問合せください。

★頼もしいキャリアサポート!★

★頼もしいキャリアサポート!★

短期大学生の就職環境が年々厳しくなっている中、本学は開学当初より100%の就職内定率を保持しています。これは優れた英語力のみならず、自分を活かそうとする積極性、仕事に対する強い責任感、豊かな人間性など、本学での勉強と生活によって養われる社会適応能力が企業に高く評価されている結果です。

企業を選ぶ際に何よりも大切なことは、自分がどんな生き方をしたいのかということや、自分の興味があること、関心のあること、価値観や適性に気づくことです。自分を見つめなおし、将来のビジョンを描き、そのビジョンを実現するために今、なすべきことを明らかにする。この一連の作業をキャリアプランニングといい、大阪女学院では多彩なセミナーやガイダンスを通して職業意識を育み、一人ひとりに適したキャリア形成を促します。

●キャリアセミナー
社会人として、女性として、自分はどう生きていくのか。。。自己の能力や適性、また、 仕事・家庭・趣味など多様な価値観を洗い出し、ビジネスキャリアにとどまらないライフ キャリアという視点で、現在と未来を捉えなおします。学ぶ目的を見つけ、適職につくこ とへつなげていくことがねらいです。
●しごとセミナー
確かなキャリアを築く、または適職に就くことを実現するためには、実際の業界や職業世 界について詳しく知ることも大切です。仕事セミナーでは、実際の企業人を講師に招き、国際的な仕事、女性が長く働きつづけられる仕事など、多彩なテーマで仕事を研究。就業後のミスマッチを防ぎます。
●就職ガイダンス
企業選びや企業の情報を得ることから始まり、筆記試験や面接対策などのハウツーも提供。また、就職活動のさまざまな相談には、キャリアサポートセンターのスタッフが丁寧 に対応。卒業生のキャリア・アドバイザーによる講演会も実施し、リアルな情報を聴くこともできます。

★知的関心をさらに深める学びの道-編入学-★

★知的関心をさらに深める学びの道-編入学-★

大阪女学院短期大学では、「英語で学ぶ」カリキュラムを通じて、広範な学問分野を横断的に学ぶため、多様な編入学が可能です。事実、編入学をする学生たちの選んだ学部は経済学部や社会学部、法学部など、多岐にわたっています。学生たちは、本学での2年間の学びの中で、英語にとらわれない、さまざまな知的関心を発見し、新たな向学心を燃え上がらせて各々の道を歩んでいます。

●編入学指導の基本方針
学生一人ひとりが、本当に学びたい領域を明確にして、納得のいく編入学を実現するため に、本学では以下のポイントに留意して編入学指導をおこなっています。
1.なぜ、編入するのか。就職や留学、専門学校ではなく、なぜ編入学なのか。
2.学びたい学問領域とその理由。
3.学びたい大学・学部とその理由。
4.編入先大学を卒業した後の進路。
この4つについて学生が自分なりの考えをまとめることができるよう、ガイダンスを実施 するとともに、スタッフが個人面談をして指導します。

●編入学ガイダンス・セミナー
本学では、編入学を考える学生のために定期的にガイダンスをおこなっています。ガイダ ンスは1年次の11月からスタートしてから編入学試験がはじまる直前まであり、希望者には試験対策の指導も実施。本学は、学生の「さらに学びたい」という意思を尊重し、その目 標の達成に二人三脚で歩んでいきます。


編入学合格実績(2006年~2008年3月卒業生)
《国公立》
大阪大(人間科学1)、京都教育大(教育1)、神戸大(法2)、滋賀大(経済1)、奈良女子大(文6)、北海道大(法1)、三重大(人文1)、大阪府大(人間社会1)、神戸市外国語大(外国語1・2部1)、京都府立大(福祉社会1・文1)、滋賀県立大(人間文化1)など
《私立》
関西学院大(法6・社会3〔3〕・総合政策26〔8〕)、関西大(社会1・商1・文1・総合情報1〔1〕)、京都女子大(現代社会3)、津田塾大(学芸1)、同志社大(法1・商1・社会1)、立命館大(文1・国際関係3・法1・政策科学1・産業社会5)、神戸女学院大(文1〔1〕)、同志社女子大(学芸3・現代社会2)、龍谷大(文2・国際文化2・社会2)、大阪女学院大(国際・英語16)など
( )内は学部および人数 〔〕内は指定校推薦数

★異文化を体験したい、自分を伸ばしたい-地域研究・留学-★

★異文化を体験したい、自分を伸ばしたい-地域研究・留学-★

【留学】
大阪女学院短期大学には、卒業後すぐ、または数年働いてから海外の大学への留学を志す 学生が多く、現在も多くの卒業生がそれぞれの学位取得をめざして海外の大学で奮闘中です。こうした卒業生のなかには、本学の提携校留学制度を利用して留学した人も多く、この制度を利用すれば、本学からの編入手続きの際、本学の単位が比較的認められやすい、というメリットがあります。
■提携校への留学資格■
・本学を卒業している。
・TOEFL(PBT)550点以上取得している。
・学士号取得を目的としている。
*本学卒業後何年経っても、提携校留学制度を利用して留学することができます。
■留学サポート体制■
・留学ガイダンス
留学を想定した履修科目の選択の仕方から、留学に対する考え方、留学先の選定、出願、現地での心構えまで、2年間を通じて適時ガイダンスを実施。留学経験のあるOGとの懇談会や提携校説明会も実施しています。
・留学相談室
本学の留学指導では、さまざまな留学ガイダンス、掲示物を通して、学生に留学に関する幅広い情報を提供しています。また、本学の在校生と卒業生の個人的な留学相談も受け付けています。

【地域研究】
「地域研究」は、文字通り、研究対象の現場に飛び込むフィールドワークを主体とした授業。訪問先は、バングラディシュ、沖縄、アメリカ、そしてインドがあります。この4方面を研究対象とした理由はその地域性ゆえ。最貧国といわれるバングラディシュ、日本国土の中で唯一戦場となった沖縄、資本主義体制がもっとも高度に発達したアメリカ、急激な勢いで発展を遂げるインド。。。こうしたステレオタイプの言葉が真実なのかどうか、それを自分自身の目で確かめるのが「地域研究」です。

【Intensive English Program】
このプログラムは、台湾にある、Yuan-Ze University(以下YZU)と合同で2006年度から実施しています。4泊5日、両大学の学生が英語で共に学び、コミュニケーションをとり、宿泊することで、英語運用能力をさらに向上させ、同世代の人々と友人関係を築くことを目的としています。

【異文化間リサーチ演習】
ニュージーランドの生態学、歴史、地理を学びます。また博物館見学、ファームステイも体験し、異文化理解について学ぶプログラムです。

【CA実習プログラム】
イギリスの学校で、すべて英語でキャビンアテンダントの実習をおこないます。実際の機体とほぼ原寸のモックアップキャビンを使用し、キャビンアテンダントの仕事を体験することで、航空会社にインターンシップしたかのような経験を積めるのが魅力です。
将来、キャビンアテンダントを目指す学生の実践力をつけるプログラムとして力を注いでいます。

★How OJC Supports Your School Life★

★How OJC Supports Your School Life★

【Location】
大阪女学院は、大阪のまん中に位置し、京都、奈良、神戸、和歌山。。。どこからでも通学しやすい大変便利な場所にあります。そんな都会にありがなら、目にまぶしい緑、季節のかわいい花々があふれるのが本学自慢のキャンパスです。周辺には、なごめるレストランやスイーツのお店がたくさん。学業はもちろん大切ですが、放課後の気分転換に、また、休日のリフレッシュにでかけてみては。

【Big Sister】
新入生はわからないことだらけです。そんな不安を取り除き、大学生活を楽しんでもらえるために、ビッグシスター制度があります。ビッグシスターは、リーダーシップトレーニングを受けた2年生で構成されており、新入生対象の導入プログラムの運営や学業の悩みなどの相談にのるアドバイザーとしてみなさんを支えます。

【Boarding】
遠方からの入学を希望する学生にとっても、本学は安心のサポート体制を整えています。下宿をお探しの方には、近辺の信頼できる物件を紹介するサービスをおこなっています。
また、入学後は、「自宅外生のつどい」などのプログラムを実施し、一人暮らしをするうえでのアドバイスや下宿生同士の親睦を深めるための機会を提供しています。

【Health Check & School Counselor】
本学では定期的に健康診断を実施しています。また保健室では、体調不良やけがの応急処置、日常の健康管理の相談、食事指導などをおこなっています。
また、こころの健康にも注意をはらい、職員、心理カウンセラー、保健担当者たちが親身になってサポートをします。

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop