明倫短期大学
短大新潟県
明倫短期大学

〒950-2086 新潟県新潟市西区真砂3丁目16-10

パンフ追加

気になるリストに追加

明倫短期大学の資料をすぐにもらう

学生の声

明倫短期大学

Hさん 評判・口コミ

Hさん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

明倫短期大学 歯科技工士学科

明倫短期大学を選んだ理由

私は、社会人を経験してから本学に入学しました。本学とは別の大学を卒業し、就職しましたが、大学で学んだことを生かしきれないことに後悔していました。そのため、本当に学びたいことが見つかったら、もう一度学校に通いたいと思っていました。
そもそも私は虫歯が多かったのですが、歯医者さんに通うことが嫌いだったため、20代で歯を一本失ってしまいました。歯がない状態で我慢していましたが、ある時「義歯を作る仕事をすれば歯医者さんにいかなくて済むんじゃないかな?」と思いつきました。当時の私は、歯科技工士について何も知識がなかったため、歯科技工士さえいれば失った歯の修復ができると思っていました(笑)
歯科技工士について調べてみると、新潟県内に歯科技工士の養成施設は明倫短期大学しかないことがわかりました。その明倫短期大学は、2年間で国家試験受験資格が得られ、合格率も高いことなどを知り、とても興味が湧いたことから個別キャンパス見学に参加することにしました。私が当時勤務していた職場は不規則労働だったため、開催日時が指定されるオープンキャンパスに参加することができませんでした。そのため個別キャンパス見学に参加できたことは、とてもありがたく感じました。
個別キャンパス見学を担当していただいた先生から一つ一つ丁寧に説明を受けてもまだ、不安は残っていました。
これからの生活のこと、学費の工面など、経済的な悩みが多かったと思います。そのような状況の中、親戚や友人に相談したり、奨学金制度について調べるうちに悩みは一つ一つ解決していきました。これまで、自分が思う以上に、たくさんの人たちに心配され、支えられてきたんだと感じました。
あらためて学校に行きたいと考えると、いろいろな問題や悩みを抱えました。ですが、私は少しでも早く行動を起こしたほうがいいと考えました。毎日忙しく働く中で、「学び直したい」と思った気持ちがどんどん小さくなっていくのを感じたからです。入試時期を逃したら、また1年待たなくてはいけませんし…。悩みを解決する方法は必ずあると思うので、まずは学びたいと思ったことに挑戦してみることが大切だと思います。お金は働けば戻ってきますが、時間は戻ってこないので…。
私は、決心して明倫短期大学を受験することに決めました。

キャンパスライフについて

明倫短期大学は一般的な大学と違い、実習がとても多い大学です。歯科技工の理論や注意点を講義で学び理解を深めて、その知識を実習で生かすという流れです。講義と実習がリンクしていて、頭に入りやすいです。入学当初はブランクもあるし、勉強についていけるか不安でしたが、講義内容は初めて聞く専門的なことばかりなので、スタートラインは同級生と一緒だったと思います。
年齢の違う同級生と友だちになれるか、溶け込めるかどうか、ということもとても不安でした。でも、ごく自然に馴染むことができ、今では、友だち同士励まし合って実習したり、放課後に残っておしゃべりしたり・・・思っていたよりずっと楽しいキャンパスライフが送れています。自分が浮いているんじゃないかと不安でしばらく年齢を隠していたのも、今となってはいい思い出です(笑)

将来の夢

患者さんの期待に応えられる歯科技工士になることです。私も経験があるのでよくわかるのですが、自分の歯を失うと、恥ずかしいとか、義歯でどこまで元通りに回復するのかとか、逆に今までよりも口腔内がきれいになるんじゃないかとか、いろいろな不安とともに期待もいっぱいになります。
私は、その不安を取り除いて患者さんの期待に応えられる義歯を作れるようになりたいです。

明倫短期大学の学生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop