武蔵丘短期大学
短大埼玉県
武蔵丘短期大学

〒355-0154 埼玉県比企郡吉見町南吉見111-1

パンフ追加

気になるリストに追加

武蔵丘短期大学の資料をすぐにもらう

先生・教授・講師からのメッセージ

武蔵丘短期大学

後藤 人基

後藤 人基
理事長/学園長

自信に満ちた人生を歩み、 自ら選んだ道で活躍されることが、私たちの願いです。

学校法人後藤学園は、昭和22年に武蔵野ドレスメーカー女子学院(現専門学校武蔵野ファッションカレッジ)を設置し、戦後日本の復興に寄与すべく女子教育の立て直しを目途とし歩み始めました。
 その後、昭和43年に武蔵野調理師学校(現武蔵野調理師専門学校)昭和45年に武蔵野栄養専門学校を設置し、衣・食・栄養といった分野において、知識・技術をもって社会に貢献する人材の輩出を通じ、社会使命を果たすことに邁進してきました。これまでに培い育んだ教育をもとに、栄養とスポーツの両面から誰もが願う「健康」をテーマとして、平成3年武蔵丘短期大学を開学いたしました。
 実社会での即戦力を養成するために体感・体験・体得を重視する「身体で覚える授業」と人格教育を重視するための「優れたプロは、優れた人格を有する」という学園の教育理念を、短期大学という高等教育機関で継承させるべく、自然に囲まれた環境のもと創造・勇気・慈愛を持ち、「健康」にアプローチする人材育成を目途にすべく武蔵丘短期大学のグリーン・「M」マークにシンボライズさせました。
 その実践のため、①礼節を尊び、教養と情操豊かな人格を備えた人間性の養成。②広い視野、深い思考力、豊かな表現力の養成。③自分の進むべき道を切り開く、自立心と創造力の養成。④栄養と運動の両面から健康を支援する実践的指導者の育成といった教育目標を掲げております。
 専修学校経営で優秀な卒業生を数多く輩出したきめ細やかな教育手法を活かし、就職率の高さに象徴されるような現代社会に求められる短期大学教育が実践されている証明だと自負しております。
 これからの世界を担う若いみなさんが自信に満ちた幸福な人生を歩まれること、そして自分で選んだ道で活躍されることが私たちの願いです。

武蔵丘短期大学の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop