鎌倉女子大学短期大学部
短大神奈川県
鎌倉女子大学短期大学部

〒247-8512 神奈川県鎌倉市大船6-1-3

パンフ追加

気になるリストに追加

鎌倉女子大学短期大学部の資料をすぐにもらう

先生・教授・講師からのメッセージ

鎌倉女子大学短期大学部

福井一光

福井一光
理事長・学長

教育という仕事は、よりよい教育を求めて歩みを進める地道な活動です。それは、大向こうを唸(うな)らすイベントでも、直ちに消費される広告でも、見かけの装飾でもなく、日常活動そのものです。そして、その日常活動を支えるものこそ、その大学のもつ伝統と実績、と同時に、伝統と実績の上に胡坐(あぐら)をかかない、新しい優れた教授スタッフの充当やカリキュラムの刷新に他なりません。
質の高い大学教育が成り立つためには、欠かすことのできない幾つかの条件があるように思います。それは、一つ、どれくらい優秀な教授スタッフを抱えもっているかどうか、一つ、どれくらい充実した研究情報を蓄えているかどうか、一つ、どれくらい適切な養成方法を採っているかどうか、一つ、どれくらい手厚い施設・設備を整えているかどうか、一つ、どれくらいその職域が卒業生たちによって既に開拓されているかどうか、これに加えて欲をいえば、一つ、どれくらい豊かなキャンパスと周辺の文化環境をもっているかどうか、これらの諸要素が、その大学の実力と教育の価値を判定する指標(メルクマール)のように思います。

鎌倉女子大学に入学する学生諸君は、明確な目的意識をもった学生ばかりです。免許・資格を取得する、そしてそれをただアクセサリーとして取得するのではない、実際にそれを活かして就職していこうという学生が大方です。その成果は、管理栄養士や学校教育職員、また保育士などの分野での卒業生の厚みによく表れていると思います。勿論、それだけではありません。公務員は元より、金融、保険、医療、食品、アパレル、運輸、サービス、デパート、ホテル等々といった実業界に進む多くの学生たちも。

そのため、本学は、各学部・学科の他に、各種センターを設置し、教職員皆が連携して、学生一人ひとりのデマンドをよく理解し、その目的の実現に向けて、4年間を、あるいは2年間を丁寧に支援していく教育体制を整えています。
例えば、教員系の志望であれば「教職センター」との連携、企業系の志望であれば「就職センター」との連携、また専任の心理カウンセラーをおく学生相談室を抱える「学生センター]との連携の下に、各学部・学科の教育指導は推進されています。
こうした連携体制は、毎年の本学の退学率の低さにも明快に表れており、因みに昨年は大学で0.5%、短大で0.7%でした。反対に、卒業率は、大学で93.7%、短大で97.6%、就職率も、大学で96.4%、短大で98.8%と極めて高い数値を残しております。

掛け替えのない青春の一時期を、また将来の人生を左右する大事な学校教育の集大成の時代をお預かりする私たちです。また、大学には保護者の教育投資に応える義務もあります。全学一丸となって、学生の就学過程に寄り添いながら指導していくことができればと願っております。

鎌倉女子大学短期大学部の卒業生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop