「進学ナビ職業図鑑」シリーズ
医療事務員(2012.07.23UP)

どんな仕事?

●診療ことに医療機関に支払われる費用を計算
医療事務員の仕事は、診療の終わった患者について、点数(1点=10円)の早見表を見ながら診療・検査・投薬料などの内容をカルテ内の所定の欄に転記することです。
転記とは、たとえば薬が投与された場合、投与したグラム数から何点かを早見表で計算し、その点数をカルテに記入することです。この点数をもとに、患者負担分を差し引いた費用が、各種の健康保険組合から医療機関に支払われます。

●レセプト(診療報酬請求明細書)を作成
医療事務員は、誤りの許されない細かい仕事に携わります。各患者の1か月間の点数を計算し、各企業単位の保険組合や自営業を対象にした国民健康保険組合、公務員対象の共済保険組合別などに分類し、診療内容を明示したレセプト(診療報酬請求明細書)を作成することがメイン業務ですが、その他、受付や電話の応対などの一般事務や診療補助的な仕事をすることもあります。

医療事務員になるには

習得すべき知識や技術は専門的なことも多く、独学でも不可能ではありませんが、専門学校や通信教育などで勉強し、受験、合格するのが一般的な方法のようです。専門学校、通信教育のいずれも、大学・短大へ通いながら勉強することも可能です。
また、医療事務講座を受講したから明日から仕事ができるというわけではありません。
薬価点数や診療報酬点数の換算方法が、歯科とそれ以外の診療科目とで異なるので、見習いとしての訓練が必要です。

必要な免許・資格は?
資格・免許は必要ありませんが、人材の確保や能力の向上を目指して、認定制度が設けられています。メディカルクラーク、診療報酬請求事務能力認定、医療秘書技能検定、医事コンピュータ技能検定、医療保険士、医療保険請求事務者、医療事務管理士などといった資格や検定があります。これらの資格を取得するためには、専門用語や独特の計算に関する知識や技術が必要とされますから、専門学校や各種学校の関連学科で学ぶと有利でしょう。
社会に果たす役割は?
就業形態は、病院などの常用雇用者、家事の合間などに近所の病院などで毎月2週間程度医療事務の仕事をするパートタイマー、人材派遣会社の社員として毎月1~2週間ぐらい病院に派遣される人、フリーな立場で数病院と直接契約し、毎月事務をこなす人などさまざまです。
いずれの形態にしろ、医療保険制度に基づいてレセプトと呼ばれる診療報酬請求明細書をつくる仕事ですが、患者や家族に優しくかつ温かく接し、患者の苦痛や不安などを少しでもやわらげる気持ちが大切です。それが、来院した患者や家族を心理的に介助することになります。サイドからのサポートがこの仕事の大きな役割です。
求められる適性・資質は?
就業者のほとんどが女性です。カルテを見ながら書類に転記したり、早見表から点数を調べて換算したり、毎日が定型的な反復作業であり、神経の疲れる仕事で、かなり根気と忍耐力が必要です。
また、計算と転記が仕事の中心ですから、見落としやミスをしないような几帳面さと粘り強さも望まれます。
保険請求の請求期日は毎月決められているので、その数日前は仕事が集中的に忙しくなります。体力的に健全でないとなかなか長続きはしません。
また、手術や検査などは英語表記のものもありますから、英語の知識があるとよいでしょう。

先輩の声

正規職員として診療補助の仕事もこなしています。診療が終わった患者さんから「ありがとう」と言っていただいて、何日か後に再び来院されて「いつもお世話になってます」と感謝されたようなときがこの仕事をしていて一番うれしいことです。こういった感謝の言葉を聞くと、つらいことがあってもいっぺんに吹き飛んでしまいます。

パートとしてレセプト作りをこなしています。レセプト作りはコンピュータになって3年になります。今働いている病院は、検査も多く、手書きの頃は一人のレセプトを書くのに何と2時間もかかったことがありました。

もともと人の役に立つ医療や福祉の仕事をしたいと考え、求人広告で病院に入り、現在、チームリーダーを務めています。窓口に立つときは、少しでも患者さんの不安をなくせるように、笑顔を絶やさないよう心がけています。

医療事務・秘書の仕事内容

【常勤:病院などに就職】
大きな病院などに就職し、常勤で仕事をする場合は、一般事務や受付業務なども同時に手がける場合が多くなります。計算など細かな仕事なので、慎重さと手際の良さが必要。

【非常勤:週に数日の勤務】
比較的小さな病院や医院では、非常勤として週に何日か出勤し、仕事をするといったスタイルも多く見られます。家庭や子育てとの両立もしやすく、女性に人気の高い仕事です。

【パートなど:忙しい時期だけ働く】
月末など忙しい時期だけにパートやアルバイトとして働くこともできます。確かな技能とと実績があれば、自分の働きたい時に、好きなスタイルで働くこともできます。

医療事務の現状・将来性

医療機関で事務の仕事に就きたいなら、医療事務の資格は必須です。資格を持つ人の就職率も高く、今後も需要は高くなることが予想されます。常勤であれば安定した収入が見込めますし、また熟練すれば独立して、医療事務専門の事務所を開いたり、フリーとして好きなスタイルで働くことも可能。民間資格でも十分に働けますが、ステップアップを望む人には公的資格を取得することがおすすめ。

お仕事DATA

【平均収入】
働き方や受ける仕事の量によって大きく異なります。

【勤務時間】
常勤から非常勤まで様々な働き方があります。

【必要資格】
公的資格である医療事務技能審査試験、または民間の認定資格などが必要です。

関連記事

ヘアメイクアップアーティスト
(2012.07.26UP)

化粧品売場の客や、結婚式場の花嫁、テレビや映画の出演者、雑誌やポスターなどのモデルの顔などにファンデーションや口紅などをつけて化粧し、その人の顔を美しく見せるようにするのがメイクの仕事です。

記事を読む

ヘアメイクアップアーティスト

ネイルアーティスト
(2012.07.26UP)

爪を美しく彩り、爪の美容サービスに携わる人がネイルアーティストで、ネイリストとも呼ばれます。手や足の爪の手入れやカラーリング、おしゃれ感覚にあふれたデザインを施す仕事をしています。職場は、ネイル専門のサロン、美容室などのネイル部門が一般的です。

記事を読む

ネイルアーティスト

土木施工管理技士
(2012.07.26UP)

高速道路や鉄道、橋、河川、公園など、私たちの生活基盤を作る土木事業。これらの土木工事で施工計画を作成し、現場での工程・品質・原価・安全管理などを行うのが土木施工管理技術者の仕事です。

記事を読む

土木施工管理技士

建築設計枝術者
(2012.07.26UP)

学校や病院、劇場、ビルなどさまざまな建物を、その用途に応じて、設計図を作り、その設計図をもとに、建築現場で実際の作業員を指揮・監督するのが、建築設計技術者です。

記事を読む

建築設計枝術者

エステティシャン
(2012.07.26UP)

いつまでも美しくありたい。これは女性にとって永遠の願望です。そんな女性の願いを叶えながら、肌を美しく整えるのがエステティシャンの仕事です。仕事は大きく分けて、カウンセリング、フェイシャルトリートメント、ボディケア、脱毛があります。

記事を読む

エステティシャン

動物園飼育係
(2012.07.24UP)

動物園飼育係の仕事は、動物園の動物を愛情をもって世話をします。一般的には数人でグループを作り、交代で勤務します。飼育係は、朝一番に動物舎の掃除から仕事が始まります。掃除をしながら餌の食べ残しや糞の状態をチェックすることによって、動物の健康状態を確認します。

記事を読む

動物園飼育係

ペットトリマー
(2012.07.24UP)

トリマーは、犬のための美容師です。トリマーとは、(犬の)毛の不要な部分をカットし、形を整える「トリミングをする人」という意味です。犬の全身の手入れもするため、「グルーミングをする人」はグルマーと呼ばれることもあります。

記事を読む

ペットトリマー

プログラマー
(2012.07.24UP)

コンピュータを実際に動かすにはプログラムの設計が必要です。システムエンジニアが作成したコンピュータ全体の設計図に基づいて、流れ図(フローチャート)を作成し、コンピュータが作動するように、情報処理の手順をプログラム言語を使って指示していく仕事です。

記事を読む

プログラマー

システムエンジニア
(2012.07.24UP)

交通機関の運行管理や銀行のオンラインシステムなどいろいろな場所で利用されているコンピュータシステム。そのシステムの設計・開発から導入後のサポートまでを行う技術者が、SEと呼ばれるシステム・エンジニアです。

記事を読む

システムエンジニア

ブライダルコーディネーター
(2012.07.24UP)

結婚式を挙げたい人々から挙式の相談を受け、豊富な情報量と経験をもとに、要望に沿った挙式の企画・提案を行うのがブライダルコーディネーターの仕事です。

記事を読む

ブライダルコーディネーター

介護福祉士
(2012.07.20UP)

福祉施設や在宅で、日常生活を営むことに支障があるお年寄りや障害者が、少しでも自立できるように、専門的に日常生活を介護し、本人や家族などに指導するのが介護福祉士です。介護福祉士の活動の場は、福祉施設(福祉施設介護職員など)や自宅への訪問(ホームヘルパーなど)に分かれます。

記事を読む

介護福祉士

診療放射線技師
(2012.07.19UP)

体の中の見えない部分を画像化するX線写真は、病気の早期発見などに欠かせません。X線撮影(レントゲン)をはじめ、幅広く利用されている放射線を、病院や検診センターなど医療の現場で取り扱うのが診療放射線技師です。

記事を読む

診療放射線技師

理学療法士
(2012.07.18UP)

理学療法士は、病院やリハビリテーションなどに勤務し、身体に障害を持つ人、あるいは障害を持つ危険性がある人に対し、医師をはじめとする医療スタッフと協力し、運動療法や物理療法による治療、訓練、指導を行う専門家です。

記事を読む

理学療法士

作業療法士
(2012.07.17UP)

体や精神に障害をもつ人たちが、医師の指示のもと木工、手芸、園芸などの作業活動を通じて、機能の回復を図り、自立的な生活ができるように訓練や指導・援助を行うのが、作業療法士です。病院だけでなく、地域の保健福祉の場でも活躍しています。

記事を読む

作業療法士

看護師
(2012.07.16UP)

看護師は、医師の指示にしたがって、診察・手術などの医療活動の補助をするほか、患者の介護や身の回りの世話をして、患者の健康回復への支援を行うことが主な仕事です。具体的には、患者の食事の介助や清潔を保つ環境の整備、患者の基本的データとなる検温や血圧測定、病気を治療する点滴の準備などを担当します。

記事を読む

看護師

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop