公立千歳科学技術大学(資料請求有料校)
大学北海道

〒066-8655 北海道千歳市美々758-65

パンフ追加

気になるリストに追加

公立千歳科学技術大学(資料請求有料校)の資料をすぐにもらう

おすすめポイント

公立千歳科学技術大学(資料請求有料校)

学生一人一人が主役の大学

公立千歳科学技術大学は、学生の自主性を第一に一人一人が活躍できる環境を大事にしています。入学後の1年間は、あえて学科の配属を行わず、理学・工学・社会科学系の基礎学問を広く学びながら、自らの将来の方向性をじっくり見つめてもらいます。そして、2年次から希望する学科を自ら選ぶことで、将来の専門に対する明確な方向性を持ってもらいます。

また、本学では、講義以外の学生主体の教育活動も全面的にバックアップしています。例えば、学生によるプロジェクトチームによる科学技術や情報システム・コンテンツ技術を活用した地域貢献の取組は、「千歳モデル」として全国の大学に拡がり始めています。このような取組に参加する学生は、実践的な教育プログラムの中で自らの専門知識を磨くことができる人材として、社会からも高く評価されています。

学生の顔がはっきり見える大学

公立千歳科学技術大学は、一学年240名の小規模な大学です。このため、教職員は、学生一人一人の顔と名前が一致するほど、身近に学生と接することができます。学生一人一人の日頃の悩みにもきめ細やかに対応するアドバイジング制度の実施や、eラーニングを活用した個別学習指導相談の実施、電子学習ポートフォリオ(学習カルテ)を活用した進路相談(試行)など、日頃から学生一人一人の相談に応じられる体制を大事にしています。

最先端から社会基盤までを具体的なテーマ「光」を通して総合的に学ぶ大学

公立千歳科学技術大学が学問分野として扱う光は、光コンピュータ・レーザ医療などの最先端技術から、光通信・高速インターネット・ネットワークアプリケーションといった社会基盤技術に至るまで、幅広い分野で活用されています。本学では、光という具体的なテーマを教育プログラムのコア科目に設定することで、最先端科学から社会基盤技術に至る幅広い分野を無理なく学べるカリキュラム構成になっています。総合光科学部は、まさに従来の理学系・工学系のみならず、社会科学系をも含む総合的な学問分野を実践的に学べる学部といえます。本学は、自然科学を愛する第二のアインシュタイン・ものつくりに没頭できるエジソンの卵・グローバル社会で活躍できる将来のビルゲイツが、一つのキャンパスで集える交流の場であって欲しいと願っています。

北海道トップレベルの就職率

公立千歳科学技術大学は平成10年に開学した若々しい大学です。これは、伝統もOBもまだ少ないという意味では、一般には就職に弱いと受け取られがちです。しかし、文部科学省の教育プログラム(GP)に多数採択されるなど、本学の教育プログラムは全国的にもトップレベルとの評価を得ています。その成果である就職についても、例年90%を超える就職率を維持しています、学生の就職先も、北海道内の技術系企業はもちろんのこと、北海道外の大手電気系・通信系・情報系企業(一部・二部上場)に至るまで、幅広い技術系分野でのニーズに及びます。

更新日時:

pagetop