千葉経済大学
大学千葉県
千葉経済大学

〒263-0021 千葉県千葉市稲毛区轟町3-59-5

パンフ追加

気になるリストに追加

千葉経済大学の資料をすぐにもらう

先生・教授・講師からのメッセージ

千葉経済大学

佐久間 勝彦

佐久間 勝彦
学長

あなたは「未来からの留学生」です。

高校生や在学生の皆さんは小学校を終え、中学校を卒業して、今、高校や大学に在学している。そう考えていることと思います。たしかに、これまでの人生を振り返えれば、そのとおりです。間違いありません。
しかし、実は違うのです、皆さんは20年、30年、いや50年先の未来から、この時代に留学してきたのです。

つまり、皆さんの故郷は、はるかかなたの「未来」に在って、その「未来」には、智恵を出して取り組まなければならない「未知の難問」がたくさんあります。その問題をどう解決していったらいいか、頭脳を鍛えるために、この時代に留学してきているのです。 
20年先、30年先の「未来」にどのような問題が浮上してくるか、それを知っている人は、この会場には誰もいません。ですから、未来から留学してきた皆さんは、困難な問題が降りかかってきても、その問題に真摯にねばり強く向き合って解決を図っていく。そのための力や資質を磨かなければなりません。

何をどのように学んだらいいか。長い間に蓄積されてきた学問・研究のエッセンスを、しっかり身に着けることはもちろんです。しかし、それにとどまることなく、「未知の問題」を解き明かしていく武器としての「現場力」も、磨くことが欠かせないのです。

こんにち、高校や大学の教育には様ざまな問題が投げかけられていますが、日本のどの高校や大学もが取り組むべき課題として打ち出されているのは、「アクティブラーニングへの転換」です。

「能動的学修」と訳される「アクティブラーニング」というのは、教師と学生が同じ土俵に上がって、知恵を出し合って、互いに触発しあいながら知的な空間をつくり、学生に自ら問題を発見し、その解決の糸口を自ら見いだしていく力をつける授業のことです。
これまで、高校や大学の授業では、過去から承継されて来ている知識が次々に伝達され、それを記憶していくという「一方向的な講義形式」が主流となっていました。しかし、そのような授業はこの時代にそぐわないという認識が、ひろく共有されることになりました。

グループで真摯にディスカッションしたり、グループワークを取り入れたりして、教師もアクティブ・ティーチングに努めて、ともに能動的に問題と向き合って追究する。その過程で「状況を的確に掌握する力」や「組織的に事に当たる力」などをみがいていく。そういう学修のかけがえのなさが気づかれてきたのです。

単調で一方向の講義を脱して、能動的な学習を授業に組み込むことが、どうして必要なのか。それはひとえに、大学生が「未来から訪れた留学生」であるからにほかなりません。皆さんは、中学や高校を終えて進学してきたのではなく、故郷である「未来」から、「未知の問題」に対処するための「問題解決能力や調査学習能力」などを磨くために留学してきた。このことを忘れず、「未来」が求めている力をしっかり磨いて、堂々と「未来」に帰っていって活躍してください。

千葉経済大学の卒業生の声一覧

更新日時:

イチオシ校

pagetop