同志社女子大学
大学京都府

〒610-0395 京都府京田辺市興戸

パンフ追加

気になるリストに追加

同志社女子大学の資料をすぐにもらう

学生の声

同志社女子大学

日本語日本文学科 評判・口コミ

日本語日本文学科

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

同志社女子大学

知識だけでなく、感性で文学を読み解くおもしろさ。

高校までの国語の授業を通して、古典における日本語の美しさに魅力を感じるようになり、この学科に入学。古都・京都で大学生活を送りながら、言葉の美しさだけでなく、先生や学科の仲間と意見を交わし、文献の内容を多角的に解釈する楽しさを学びました。
中でも特に新鮮に感じたのは、学科の有志で文学作品の劇をつくり上げる「Nプロジェクト」。古典を感じることで登場人物の心情や、情景への理解が深まりました。
現在は「『和泉式部日記』における手紙」を研究。作中に登場する手紙の内容から、登場人物たちの関係性が変化していく様子を分析しています。
卒業後は中学校の国語教諭として、文法や知識だけでなく、文学を感性で読み解いていくおもしろさや楽しさを、生徒たちに伝えていきたいです。

インタビュー動画

同志社女子大学の学生の声一覧

更新日時:

イチオシ校

pagetop