大阪保健医療大学
大学大阪府
大阪保健医療大学

〒530-0043 大阪府大阪市北区天満1丁目9-27<1号館>大阪市北区天満1丁目17-3<2号館>

パンフ追加

気になるリストに追加

大阪保健医療大学の資料をすぐにもらう

おすすめポイント

大阪保健医療大学

みんな着実に成長できる!「ステップアップ実習システム」

リハビリテーション教育に特化してきた本学が、開学以来培った独自のノウハウ「ステップアップ学習システム」により学生一人ひとりの基礎力と実践力を段階的に育てていきます。

【ステップ1】
まずは1年次に学内の実習で事前学習・準備を行い見学実習に参加します。

【ステップ2】
2~3年次では、学内教育と臨床実習をつなげた独自カリキュラムで段階的に実践力を高めた後、臨床実習にチャレンジします。

【ステップ3】
理学療法学専攻では、提携病院に設置している本学専用「臨学共同参画センター」で、実習指導者および専任教員の帯同のもと実習を行っていきます。慣れない実習先でも安心して臨めます。
作業療法学専攻では、学内に障がいをお持ちの方をお招きして学内実習を行った後に学外実習へ進むため、長期臨床実習にも戸惑うことなく挑めます。

2学期クォーター制で積み重ね学習が出来る!

2学期クォーター制とは、2学期(前期・後期)の授業をそれぞれ半分に分けた、
4つの授業期間を「クォーター」と呼び、各8週間で授業を行う制度です。
本制度を導入することで科目を絞って学習を行い、定期的に行われるテストで理解度を確実に把握できます。

★クォーター制のメリットとは?
半年ではなく3ヵ月ごとに科目試験とその振り返りの学習サポートを行うことで、教員からフォローの効果をより実感できて安心です。学生にとって、短い間隔で知識の確認を行えるため、内容の理解がしやすいメリットがあります。

現役セラピストである卒業生による個別指導

教員だけでなく、セラピストでとして働く卒業生が、基礎から専門的な分野まで、家庭教師のように個別でしっかり教えてもらうことができます。学生に近い存在だからこそ、わからないことや悩みにも親身に応えてくれます。

更新日時:

イチオシ校

pagetop