日本映画大学
大学神奈川県
日本映画大学

〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30

パンフ追加

気になるリストに追加

日本映画大学の資料をすぐにもらう

おすすめポイント

日本映画大学

「人間を学ぶ」ことをベースに、段階を追って着実に専門性を究めていきます。

「人間を学ぶ」ことをベースに、段階を追って着実に専門性を究めていきます。

<映画学部 映画学科>

-カリキュラムについて-
実習と座学を両立させるため、8週単位でカリキュラムが変わります。
実習期間の8週間は、「映画を作る」ことに集中するため、1つの実習しかありません。実習が終了すると、次の実習に進むためのステップとして、映画を中心とした教養を学ぶ「座学」と、体験を通して学ぶ「ワークショップ」が用意されています。これを4年間繰り返していくことで、映画制作の全体像を知り、技術を修得すると同時に、映像や文化、社会に対する知識と幅広い教養を身につけることが可能となります。

★2年次以降分かれる3つの「系」★
①演出系 -(コース:演出,身体表現・俳優,ドキュメンタリー)
②技術系 -(コース:撮影照明,録音,編集)
③文章系 -(コース:脚本,文芸)

★3年次以降分かれる8つの「コース」★
①演出
②身体表現・俳優
③ドキュメンタリー
④撮影照明
⑤録音
⑥編集
⑦脚本
⑧文芸

注目のカリキュラム

注目のカリキュラム

映画学は、総合的、領域横断的及び多系的な広がりを持っています。そのため、映画関連の教養だけでなく、ありとあらゆるものが映画のテーマとなるため、幅広い領域について学ぶ必要があります。
日本映画大学の教養科目は、自然科学・社会科学・人文科学と、ほぼ全ての学問分野を網羅しており、講師もその道の第一人者から気鋭の学者に至るまでスタッフの陣容は充実しています。
基幹となる「スタートアップ演習」と「人間総合研究」は1年生の必修科目で、特に「人間総合研究」は集中的に行われる演習授業で、本学の最も特色のある科目となっています。

35年以上にわたり、映画人を育成。多くの著名人を送り出しています

35年以上にわたり、映画人を育成。多くの著名人を送り出しています

本学の前身は、カンヌ映画祭で最高賞を2度受賞した今村昌平監督が、
1975年に創設した「日本映画学校(設立時:横浜放送映画専門学院)」。
以来、40年以上にわたり、多くの卒業生を映画・テレビ業界に送り出して
きました。

<主なOB>
【監督】『ラプラスの魔女』三池崇史、『曇天に笑う』本広克行、『怒り』 李相日、『湯を沸かすほどの熱い愛』中野量太、『羊と鋼の森』橋本光二郎、TBS『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』木村 ひさし

【脚本】『嘘八百』足立紳、『空飛ぶタイヤ』林民夫、TBS『アンナチュラル』 野木亜紀子、読売テレビ『架空OL日記』バカリズム

【撮影】 『シン・ゴジラ』山田康介、『22年目の告白 私が殺人犯です』今井孝博、『honey』清久素延、『泥棒役者』相馬大輔

【編集】 『アウトレイジ 最終章』太田義則、『ナラタージュ』今井剛、『メアリと魔女の花』小島俊彦、『先生!、、、好きになってもいいですか?』伊藤潤一

【録音】 『昼顔』藤丸和徳、『ピーチガール』石貝洋、『花戦さ』尾崎聡、『忍びの国』松本昇和

更新日時:

pagetop