東京情報大学
大学千葉県

〒265-8501 千葉県千葉市若葉区御成台4-1

パンフ追加

気になるリストに追加

東京情報大学の資料をすぐにもらう

学生の声

東京情報大学

鈴木 颯斗 さん 評判・口コミ

鈴木 颯斗 さん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

東京情報大学 環境情報学科

自主性・主体性が求められるのが大学。 勉強も練習も自分で考えてやることが大事だと気づいた。

小さいころからバドミントンを続けてきた鈴木さん。現在は、バドミントン部の主将として、関東学生リーグ2部昇格を目指すチームを牽引しています。そんな鈴木さんが大学生活で感じているのは、「自分で考えること」の大切さ。勉強でもバドミントンの練習でも、同じようにそれを意識することが多いそうです。

東京情報大学に入った理由を教えてください。

まず、小さい頃から続けているバドミントンを部活としてできることと、コンピュータの基礎的なスキルをしっかり学べることを条件に大学選びをしました。当時、1~6部あるバドミントンの関東学生リーグの中でも、情報大がレベルの高い2部に所属していいたことと、コンピュータ関係の授業が充実していたことから、最終的に情報大を選びました。

鈴木さんが大学生活で熱中していることは何ですか?

もちろんバドミントンです。父親がずっと競技をしていたので、小さなころから体育館に連れられてやっていました。
大学では4年生が引退してからは部の主将になりました。前年に3部に落ちてしまったので、今は2部リーグへの再昇格を目指して週5日の練習に励んでいます。

勉強面ではどのようなことに取り組んでいますか?

現教育・心理コースの内田治先生のゼミに所属して、統計学を学んでいます。入学する前はコンピュータのスキルがまったくなかったのですが、いろいろな授業を受ける中で、エクセルを使った情報処理や分析のスキルがずいぶん身についたと感じています。最近は、卒論のテーマを「スポーツによる食生活や栄養の摂りかたの違い」に決め、情報収集を進めています。

高校までと大学の違いはどのようなところだと思いますか?

バドミントンについて言えば、大学では、考えながら取り組むことが多くなりました。高校では決められた練習を忠実にやることが求められていたのですが、大学では全体練習の時間は短く、大半は自分で課題を見つけて取り組む自主練習です。これは勉強でも同じで、自分で興味のある授業を取り、自分で問いを立てて、学びを深めていくという、自主性・主体性が高校よりも強く求められるところが大学だと思います。

最後に、高校生の皆さんへメッセージをお願いします。

大学は高校と違って、受けたい授業を自分で決め、自分の時間をある程度つくれます。かといって空いている時間を漫然と過ごすのではなく、時間を楽しく有意義に使える学生になってほしいと思います。僕はバドミントンというやりがいを持ち、熱中することで、とても大学生活が充実しています。みなさんも大学生活の中でぜひ、熱中できるものを見つけてください。

東京情報大学の学生の声一覧

更新日時:

オープンキャンパス検索デジタルパンフレット奨学金学費
pagetop