聖心女子大学
大学東京都

〒150-8938 東京都渋谷区広尾4-3-1

パンフ追加

気になるリストに追加

聖心女子大学の資料をすぐにもらう

高校生の方へ

聖心女子大学

入試/入学Q&A

入試や入学について、よくいただくご質問とそのお答えをまとめました。

入学試験全般について

●大学入試センター試験を利用した入試はありますか。
○大学入試センター試験を利用した入試は実施していません。
本学では基礎的な学力と思考力を正しく評価するために、記述式の試験を入学者の選抜資料としていますので、現在のところ一般入試を含めて全ての入学試験でマークシートを採用していませんし、大学入試センター試験も利用していません。

●地方入試はありますか。
○地方入試は実施しておりません。
現在のところ全ての入学試験を、本学キャンパス(渋谷区広尾)にて実施しています。

●出願の際に学科を指定して受験するのでしょうか。
○本学は、文学部としての一括募集です。従って、受験に際して学科を指定することはありません。
これは、1年次には基礎的な知識や能力を養うとともに、専門の基礎的な講義を幅広く受講することで、自分の興味や関心がどこにあるのかを見極め、その上で納得のいく進路選びをしてもらう、という本学の教育方針によるものです。本学の教育理念のリベラル・アーツの実現として、開学当時からこの方針は揺るぎがないものです。

●試験場について教えてください。また、試験場の下見はできますか。
○試験場は本学キャンパス(渋谷区広尾)になります。
試験場である本学キャンパスを下見しておくことは、試験当日の朝の心理的な面での落ち着きを保つためにもお勧めします。
下見は、入学試験日や大学行事がない限り毎日可能で、試験前日まで認めています。ただし、試験場(建物)内に立ち入ることはできません。
オープンキャンパスなどを利用して、あらかじめ構内や建物内の雰囲気をつかんでいただくことをお勧めします。

●試験日には、どのような服装で行けばいいですか。
○特に服装の決まりはありません。
試験場は冷暖房で適温にしていますが、個人差や座る場所などでも異なる場合がありますので、服装でも調節できるよう、脱ぎ着のしやすい服装をおすすめします。
高等学校の制服でも、そうでなくてもかまいませんのでリラックスして試験を受けられる服装でいらしてください。
なお、例えば一般入試(3教科方式)のような学力試験を課す入学試験では、英文字や地図等がプリントされている上着等の着用はご遠慮願っています。

●試験日に、万一電車などが遅れた場合でも試験は受けられますか。
○JR山手線、東京メトロ日比谷線の遅延による遅刻には配慮いたします。
駅で遅延証明を受け取って来学してください。もし、遅延証明を取るのにあまりに時間が掛かりそうであれば、直接来学して受付でその旨お伝えください。ただし、JR山手線、東京メトロ日比谷線の遅延は本学でも把握できますので、遅延証明がなくても大丈夫です。

●試験日には、お弁当を持参した方がいいですか。
○はい。試験日の昼食や飲み物はご自分でご用意ください。
試験日には大学の学生食堂は営業していません。また、昼食時間でも付き添いの方とは会えませんので、試験場に入る前に受け取っておいてください。

●入試のときの宿泊先は紹介していますか。
○宿泊施設の斡旋は行っておりませんが、本学は都心にありますので宿泊施設は周辺にたくさんあります。地区的にはJR山手線の内側なら、概ねどこからでも1時間以内で来学できると思います。特に広尾、麻布、六本木、恵比寿、渋谷付近の宿泊場所であれば、本学まで30分以内で来学できるものと思われます。受験シーズンは混みあうことが予想されますので、お早めに確保されることをお勧めします。

●合格発表について教えてください。
○本学では、個人情報保護法が施行される以前より、受験生のプライバシーに配慮して、結果通知は全て個人宛てにしております。従って掲示その他で受験生氏名をはじめ受験番号でさえ個人が特定できるような情報を公表することは一切ありません。
なお、一般入試(3教科方式)では、補助的に電話およびインターネットによる結果紹介システムによって受験生が知ることができるようにしています。

学費・大学見学について

●入学してから、学費以外にかかるお金はありますか。
○本学在学生が入学後に、個別に納付を要する主な費用は、教育実習費(教育実習登録者/4年次)、介護等体験費(小・中教員免許状取得希望者/2年次)、実験実習費(心理学専攻生/2年次より年次毎)、博物館実習費(博物館学芸員課程履修者/4年次)、学生会費(全員/1年次より年次毎)、卒業費(4年次生全員)があります。
詳しくは募集要項をご覧ください。募集要項は、購入していただく前に実物をご覧いただけるように、ホームページにPDFの形式で載せてありますので、是非一度ご覧ください。

●寮に入りたいのですが。また学生会館などの紹介はしていますか。
○本学には学生寮があります。詳しくは学寮のページをご覧ください。
また、本学の学寮以外の紹介は基本的にはしていませんが、カトリックの女子寮や学生会館などの資料がありますので、学生生活課までお問い合わせください。

●取得できる免許・資格について教えてください。
○取得できる主な資格は、教職(高等学校教諭一種免許状、中学校教諭一種免許状、小学校教諭一種・二種免許状、幼稚園教諭一種・二種免許状)、日本語教員、博物館学芸員、司書・司書教諭、認定心理士、社会調査士資格があります。ただし、上記の取得できる資格は学科専攻によって異なります。

●大学を見学したいのですが。
○本学では様々な機会をとおして、ご自身の目で本学を確認していただきたいと願っています。
キャンパス見学には大きく分けて、(a)オープンキャンパス等の本学主催の催し、(b)個人での大学・キャンパス見学、の2種類があります。
(a) オープンキャンパスでは、毎回テーマを設けて聖心の全てを知っていただけるよう、多彩なご紹介をしています。模擬授業や入試説明会をはじめ、在学生が皆さんと直接お話することで本学を深く知っていただける催しです。
(b) 個人での大学・キャンパス見学のご希望にはできるだけ沿うようにしていますが、授業見学や在学生と直接話す機会などは持てませんので、できればオープンキャンパス等の本学主催の催しにお越しになることをお勧めします。
オープンキャンパス等に日程が合わない場合は、ご予約いただければ、職員が説明しご質問にお答えするとともにキャンパスをご案内いたします。
説明やご質問を希望されない方で、建物の中に入らず大学・キャンパス見学をされる場合は、ご予約は不要で、入学試験当日や入学式・卒業式などの大学行事日以外は見学が可能です。

学生生活等について

●制服はありますか。オープンキャンパスの際に案内の学生が着ていたグレーのスーツは制服ですか。
○聖心のスピリット(清楚)を忘れないために、本学では伝統的に制服があり、式服として位置づけています。入学式、卒業式、謝恩会、そのほか大学行事の時には着用が義務づけられています。入学式までに指定業者にて各自で購入(制服一式で約4万円)していただきます。
新入学生は入学式から4月末まで制服着用としていますが、これは制服を着用することにより、本学の学生であるという意識を持っていただきたいという願いと、新入学生が迷ったり困ったりしている際に上級生や教職員が手助けしやすくするため、また新入学生同士がお互いに助け合いやすくするためでもあります。
オープンキャンパスでも案内の学生は制服を着用しています。遠慮なく声をかけてください。
大学生になっても制服?と、戸惑われるかもしれませんが、就職活動、公式行事や冠婚葬祭の際に服装に悩むことがないと案外好評のようです。

●学生生活を送るにあたって何か規則はありますか?
○基本的な規則は、大学概要-情報公開のページに「学則」がありますので参照してください。
この他に、在学生がお互いに安全で、安心して気持ちのよい快適なキャンパスライフを守るために、いくつかの規則があります。
例えば、本学では学生のマスコミ活動・芸能活動などの希望がある場合には事前に届け出ることとしています。
SNS、ホームページ等での情報発信などにはガイドラインを設けて公表していますし、学内各所で利用できる無線LANの使用についても同様に注意を促しています。
詳しくはオープンキャンパスの学生生活相談コーナーで尋ねることもできますし、本ホームページの「在学生の皆さんへ」→「学生生活のルール等について知りたい(学生生活課)」に掲載されている「学生生活ハンドブック」(入学後に配布されるものです)や、SNS利用のガイドライン等を参照してください。

●個人情報についてはどのように守られていますか
○個人情報保護法施行のずっと以前より本学では個人の情報を大切に取り扱ってきました。
例えば、入学試験の結果通知も個別にしていますし、在学生・受験生の氏名・電話番号・連絡先などの問い合わせにも一切応じておりません。
さらに、大学案内(ガイドブック)や7 Stories などの冊子において、在学生や卒業生の出身高等学校名を載せることも避けています。
今後もこのような取り組みを継続していきます。
詳細は本学ホームページ『聖心女子大学個人情報保護基本方針』をご確認下さい。

更新日時:

イチオシ校

pagetop