光塩学園調理製菓専門学校
専門学校北海道
光塩学園調理製菓専門学校

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西14-1

パンフ追加

気になるリストに追加

光塩学園調理製菓専門学校の資料をすぐにもらう

先生・教授・講師からのメッセージ

光塩学園調理製菓専門学校

南部ユンクィアンしず子

南部ユンクィアンしず子
理事長・学校長

本校はグローバルな技術と感性を磨く最新鋭の教育環境が揃っています。

光塩学園は創立以来、60年以上もの間「社会に役立つ人材の育成」を続け、国際交流も積極的に行ってきました。姉妹校のフランス国立調理専門学校「シャトー・デ・クードレィ」とは30年以上の交流があり、技術や文化の相互理解、そして人と人との輪を広げています。これまで築いてきた国際交流の実績をもとに、より視野を広げようと2006年からは香港の国立シェフ養成学校「香港中華廚藝學院」と交流を開始し、技術提携も結んでおります。2010年からはイタリアの「ルッカ・イタリア料理学院」とも交流をスタートし、毎年多くの学生が各国へと研修・短期留学に旅立っています。

これからは、食の分野でも国境を越えた感性が必要とされる時代です。世界各国の食文化を学び、本物に触れることで食への感性を磨かなければなりません。本校ではこの「本物に触れる体験」をさらに深めるために、新校舎を本年秋に完成させる予定です。オープンキッチンを配したレストランスタイルの西洋料理実習室、4万キロカロリーの火力を持つ中華レンジを設置した中国料理実習室、チョコレート製造のための空調設備・最新機器を揃えた製菓・チョコレート実習室など、プロの現場に引けをとらない実践的な環境を用意します。また、1階には光塩ブランドのチョコレートなどを販売するショップを開き、演奏会なども行なえるコミュニケーションスペースを設けて人々が集える場所を作り出していきます。

料理は、作る人の豊かな心があって初めて、食べる人に感動を与えられるものです。本校の充実した環境で広がりをもった技術と人間性を磨き、世界で活躍できる人材を育てていきたいと思います。

光塩学園調理製菓専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

pagetop