宮城調理製菓専門学校
専門学校宮城県
宮城調理製菓専門学校

〒981-0917 宮城県仙台市青葉区葉山町1-10

パンフ追加

気になるリストに追加

宮城調理製菓専門学校の資料をすぐにもらう

先生・教授・講師からのメッセージ

宮城調理製菓専門学校

伊澤 平一

伊澤 平一
理事長

~ごあいさつ~

料理は芸術であり、料理の道は極めても限りない無限の世界への道であります。
この芸術の世界に生きようとする者は、常に完全を求め創造力・技術力・味覚そして芸術を解する心を日夜努力して修練し、常に自己の向上を計らねばなりません。
料理は決して技術の世界だけのものではなく「料理は心を表わす」と言われる様に、芸術の域に至った料理は作った人の心と全人格を反映する鏡であります。 従って料理を志す者は、全人格の修養、社会人としての教養も身につけなければなりません。
更に料理を以って業となし職業とする場合には、芸術としての価値のみならず、顧客の嗜好・業としての採算性を加味せねばならず、そこに芸術性と経営の合理性の調和が要求されます。
 本校に於ては、職業人たる近代的調理師の育成を主目的として必要なる基本的知識、技術教育をしますが、本校在学中の短期間では、この様な限りない芸術の道を極める事は不可能であり、むしろ本校を卒業するときにやっと卵から芸術の道に歩み出るひな鳥になると申すべきでしょう。
 私共はそのひな鳥が卒業後、絶え間ない自己研磨と社会に於ける修行を通じ心・技・体共に充分な一人前の若鳥に成長し、更に親鳥として、次代を担う調理師を育成する立場になった時、後輩を暖かい目で指導出来る人間に教育が出来れば、本校の真の目的が達成されると考えております。
 皆様が本校を、職業人としてスタートする為の訓練の専門校として選び、本校の教育を通じ調理師の基礎を習得し、卒業後、職業人として社会人として、又、芸術家として料理の道を通じ国民の食生活の向上改善と云う意義ある目的の為に、広く社会に貢献される事を心から念願するものであります。

宮城調理製菓専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

pagetop