広島ビューティー&ブライダル専門学校
専門学校広島県

〒732-0821 広島県広島市南区大須賀町15-24

パンフ追加

気になるリストに追加

広島ビューティー&ブライダル専門学校の資料をすぐにもらう

卒業生の声

広島ビューティー&ブライダル専門学校

竹保 舞実さん 評判・口コミ

竹保 舞実さん

評判・口コミ・評価・レビュー星5つ

広島ビューティー&ブライダル専門学校
トータルビューティー科エステティックコース 2016年卒業
ミス・パリ ダイエットセンター イオンモール広島府中店

学校の現場実習で学んだ学生と社会人との違い、技術だけではなく、礼儀や挨拶などの大切さを学べたことが今でも役立っています。

私はもともと美容業界に興味を持っていましたが、具体的になりたい職業が見つからず悩んでいました。高校生の頃に進路を決める上で、さまざまな学校を探しビューティーアート専門学校を知り、1年生の前期までは美容に関する知識を学べ、その後にコースを選択できることが一番の魅力でしたね。美容全般に興味を持ちつつも、具体的なビジョンが見えていなかった私にぴったりだと感じて進学を決意。どの授業も楽しかったのですが、エステの授業で相モデルの方に「肌がツルツルになった!」「足が細くなった」と言っていただいたのが嬉しくて、エステティシャンという職業に憧れを抱いたことが今の進路を決めたきっかけです。エステティシャンを簡単に言うと"お客様に喜んでいただく職業"です。お客様に「痩せた」「肌がキレイになった」と実感していただくことで笑顔を目指します。「ありがとう」と言ってくださったときにはとてもやりがいを感じました。実際に社会に出てエステティシャンの活動を経験するとビューティーアート専門学校の学びでは、現場実習がとても役立っていると思います。学生のうちから実際に働いている環境に身を置くことで、学生と社会人の違いを感じ、お客様を相手にするという難しさを事前に知れたことがとても大きかったと思います。またエステの技術的なことだけでなく、マナーなどの礼節を授業で学べたこともためになりました。礼儀やあいさつに掃除の仕方などは基本的なことですが、決しておろそかにしてはいけないことです。身につけるまで厳しく指導してくださった先生方にはとても感謝しています。就職活動中は面接練習が一番苦労しました。自分自身の思いをどのようにしたら伝えられるのか、日々志望動機や自己PRを考え、実際に声に出して発音する反復練習の毎日。自分の声を録音して通学中に聞き直すなど自身が面接官の立場になったと思い、ダメなところと良いところを検証したことが、本番でスムーズに答えるために活かされましたね。入社して1年目、今は技術や知識をもっと向上させて、お客様に提供出来るサービスの質を上げたいと考えています。「あなたに入って欲しい!」と言ってもらえるようなお客様に信頼していただけるエステティシャンになることが私の目標です。

広島ビューティー&ブライダル専門学校の卒業生の声一覧

更新日時:

イチオシ校

pagetop