成田つくば航空専門学校

N-TACの3つの『強み』
------------------------------------------------------------------
強み1 “充実の施設・設備がプロフェッショナルを育成”
プロフェッショナルとして成長するために必要なのは、本物に触れ、現場に近い環境で学ぶこと。N-TACには、本物の航空機や空港特殊車両、本格的なハンガー(格納庫)や広大なエプロン(駐機場)など、限りなく現場に近い実習を可能にするプロフェッショナルを育成するための施設がそろっています。

強み2 “毎日の授業が航空業界の現場につながる”
航空業界の現場で活かせる技術を身に付けたければ、その業界のニーズに合ったものを学ぶことです。各業界のニーズを見据え、航空整備学科は「タービンエンジン」、グランドサポート学科は「総合力」をキーポイントに人財育成を行います。

強み3 “人間性重視で安全を守る人を育てる”
安全に対する考え方や航空機と向き合う姿勢が航空業界全体の安全を守るための基本であり最も重要なことです。素直な心、挨拶、整理整頓、気配り、規律の遵守、安全最優先の考え方を日々の学校生活で磨いていきます。

ごあいさつ

航空分野は、長期に渡って成長していく産業として注目を集めています。
旅客機を利用する人は今後20年で何倍にも増え、それに伴い航空機の数も増えていきます。そんな航空業界ですから、航空機の運航を支える人材を多く必要としています。
とはいえ、誰でも航空機の運航に携われるわけではありません。この「空を飛ぶ」特別な乗り物に携わるにはそれ相応の知識や技術が求められるのです。
航空業界の常識にして不変の目的である、「安全性」「定時性」「快適性」。
N-TACはこの3つの目的に向き合って航空の将来を担う人材を育成していきます。

更新日時:

pagetop