日本自然環境専門学校
専門学校新潟県
日本自然環境専門学校

〒950-0086 新潟県新潟市中央区花園1-3-22

パンフ追加

気になるリストに追加

日本自然環境専門学校の資料をすぐにもらう

学校からご家族へ

日本自然環境専門学校

社会では自然環境・環境保全の人材確保が必要とされています

社会では自然環境・環境保全の人材確保が必要とされています

本校は全国でも数少ない環境の専門学校です。
特に日本の森林環境や里山環境の保全を目標としている専門学校としては伝統も古くこれまで数多くの人材を輩出してきました。 当校へ入学した学生さんや入学を希望する方は「環境の仕事に就いて社会や人の役に立ちたい」という夢をお持ちの方が多く見受けられます。

本校ではそれらの夢を実現させるべく現場の生きた技術・知識・資格を習得していただけるよう日夜努力をしております。また、技術、知識のみでなく「考えて行動する力」、「社会人として自立する心」、「豊かな人間性」を養うべく「人」の育成にも力を入れています。

スクールカウンセラーが相談に乗ります

スクールカウンセラーが相談に乗ります

初めて1人暮らしをする学生さんも多いため、不安なこともたくさんあると思います。本校はスクールカウンセラーによる悩み相談、アドバイスを毎週行っております。快適な学生生活を送れるようにサポートしております。

非常食・自然災害対策備品の備蓄

東日本大震災の時は震災地以外でも食料の買い占めなどによりスーパーから物が不足する事態となりました。
本校では地震などの自然災害に対応すべく、全校学生が授業中に被災した時に対応可能な非常物資の備蓄に勤めています。

AED(自動体外式除細動器)の講習と設置

当校ではAEDの講習会を年1度のペースで行っています。
AED自体は本校舎及び実習場に設置されており万が一の事態にすぐに対応できる体制をとっています。
また、水の中に入る実習や感電の危険をともなう実習等では専用のケースで現場までAEDを持っていきます。
また、各教員は野外における実習においてはエマージェンシーキット(救急箱)を持ち歩いており、軽微な怪我や虫さされ等にすぐに対応できます。

職員・学生の連絡体制

本校では学校専用の携帯電話を運用しています。
学生にはその番号を携帯に登録させていますので、授業で野外や外出先に行って困った場合すぐに連絡がつきます。
また、高山などの野外実習においては携帯電話がつながらないこともあるので教員の連絡手段として業務用無線機を携帯しています。
業務用無線なので通信距離が長い(数Km)のが特徴です。
不測に事態に陥った場合、速やかに外部へ連絡を取る手段を常に考えています。

更新日時:

イチオシ校

pagetop